歌舞伎を初体験

家族全員が正真正銘の音痴である我が家では、家の中は疎か車の中でも音楽が流れることは無い。そのような家族であるから音楽イベントへの参加は全く無く、もちろん観劇などと云う体験はほぼゼロに近い、云わば芸能音痴家族である。
定期購読している朝日新聞の「国宝」と云う小説は、連載の出だしがヤクザの縄張り争いから始まると云う、ハードボイルドタッチであった事に興味を覚え読み始めた。しかし読んでいくうちに、抗争で命を落とした親分の跡取り息子が役者になると云うストーリーで、世襲制が当たり前の歌舞伎界で部屋子が才能を開花させ、遂に「花井半次郎」と云う名跡を襲名する様子で、なんとなく歌舞伎界の仕来りに興味を覚えさせる小説です。
そんな折、娘が「お客様から歌舞伎のチケットを貰った」と云って、2枚の「六月大歌舞伎鑑賞券」をプレゼントしてくれた。
大喜びの家内と共に電車と地下鉄を乗り継ぎ、平成25年の開場が話題となって以来初めて歌舞伎町を訪れた。
地下鉄の東銀座の改札を出ると木挽町広場に直結していて、多くの年配のご婦人方で混雑しており、男性客は殆ど居ないのに驚くと共に、何かしら居心地の悪い気分でもあった。
因みに筆者夫婦が鑑賞した六月大歌舞伎の演目は「名月八幡祭」「浮世風呂」「御所桜堀川夜討弁慶上使」であったが、初めての体験で二人とも只々驚きの連続であった。
特に興味を覚えたのは、唄方と三味線方と付け打ち師の活躍で、主役を始めとする役者達と共に大いに舞台を盛り上げているそれらの熱演は、歌舞伎座に出掛けなければ見られない貴重なものであった。
閉演後は再び木挽町広場を訪れ、チケットを頂いた方への土産を購入し、朝乗って来た路線を逆にトレースして夕方までに自宅に帰り着いた。
帰宅後の家内の感想は「歌舞伎鑑賞は高嶺の花と思っていたけど、少し節約すれば1年に2回ぐらいは行くことが出来るね」と云うもので、常々「地震が来たら怖いので東京には行きたくない」との、持論とは正反対の発言をするほどの気に入りようであった。

ホオジロの孵化と巣立ち

遅くなりましたが6月1日に報告した「キヌサヤの中に鳥の巣」の続報です。
ホオジロの巣があることを初めて確認したのは5月29日で、5日後の6月3日に畑に出掛けた時には既に孵化していて、小さな綿ボールのような雛5羽が、一塊になっているのが確認できた。

孵化した雛は常に口を開けて餌を待っている

巣の周りで親鳥と思しき虫を銜えたホオジロが警戒している姿がいじらしく、家内が「車の中に子供を置いてパチンコする親に見せてやりたい」と呟いていた。
他の用が続き数日畑に出掛ける事が出来ず、もう巣立ってしまったかもしれないと考えながら6月9日に出掛けて巣を覗いて見ると、案の定空っぽである。

既に巣立ちしたあとの巣の状況

しかしながら、相変わらず親鳥が周囲を行ったり来たりして、鳴き続けていることに疑問を持って巣の周辺を確認してみると、玉龍と防獣ネットの間で身動きが出来なくなっている小さな雛を発見。すぐに救助し巣の下の地面に戻してあげた。
その時に捕まえた雛の写真がこれである。

助けてあげた雛の姿です

ジャガイモの間を歩く雛の姿

まだ巣立って間もないことが分かり、巣の有った周辺を確認してみると、まだ飛ぶことが出来ない小さな雛がチョコチョコと畑の中を走り回っているではないか。
家内と二人で数えてみると、数日前に数えた卵の数と同じ5羽を確認することが出来た。


畑での作業を始めて少し経って気付いてみると、あれほど騒がしかった畑には親鳥も雛も居なくなり、元の静かな畑に戻っていた。あれほど小さくひ弱な雛が、これほどの短時間で飛び立ってしまったことに驚いてしまった。
「来年も畑の何処かに営巣してくれれば良い」と話しながら夫婦でキヌサヤの撤去を行った。
撤去した後には、既に大きくなっている深ネギを植える予定である。

オネスト会参加

また栃木県のゴルフ場でプレイする機会が有った。
このコンペは過去に幾度も報告したことのある、かつて同じ仕事をしたことのある関東地区の仲間との親睦ゴルフで、幹事は持ち回りである。
毎回、圧倒的に北関東のメンバーの参加が多く、東京都と神奈川県からの参加は1名ずつと少ない事と、北関東のプレイ費が圧倒的に安いと云う理由から、ここ数年の会場は栃木県か群馬県となっている。
今回(5月22日)のコンペは埼玉県のメンバーが幹事役で、プレイするゴルフ場は栃木市にある「ゴールド栃木プレジデントカントリークラブ」である。
指定された集合時間の8時20分に合わせて6時に自宅を出発。東北道の栃木IC手前で事故渋滞に引っかかったが、何とか2時間10分程で到着することが出来た。
この日のゴルフは筆者にとって久しぶりに記憶に残るものとなった。

スタート前に旧交を温めて記念撮影

スタートした西コースアウトが4つのパー、1つのボギー、3つのダブルボギーと47で昼食を迎え、筆者としては過去に例のない程の上出来であった。
今日こそは初めての100切りと意気込んで臨んだ午後の成績は、何時もの実力通りパー無しではあったが、ボギーを3つ、ダブルボギーを4つと、自分としては無難にまとまったものの、最終的にトータル101でホールアウトした。
このスコアは筆者の長いゴルフ経験で2回目のベストスコアタイの成績で、本人的には大満足であった。
こんなスコアで満足しているから何時までたっても二桁のスコアにならないし、たまには練習場に出掛ければよいものを、何十年も練習場に行ったことが無いのであるから、筆者には90台のスコアは一生望めないものと思われる。

キヌサヤの中に鳥の巣

昨年の10月23日に種を蒔いたキヌサヤが収穫時期を終え、撤去に向けた最終の収穫を手伝っていた娘が鳥の巣を発見した。
近づくと「ピピッ、ピピッ」と盛んに鳴いていたのが、危険を察知して威嚇していたのだとわかり、作業を中断した。
娘に呼ばれて鳥の巣を覗き込むと小さな5個の卵が巣の中にあるのが確認できた。

キヌサヤの中で発見した鳥の巣

巣立ちの日までそのままにしておいてあげたいと云う娘から「お父さんは子供を産んだことがないから解らないのよ!」と、訳の分からないことまで云われ、その日の作業を中断した。
自宅に戻り、野鳥図鑑と抱卵の様子を写した画像とを見比べ、その鳥がホオジロと云う名の雄では無いかと見当をつけ、更にネットで確認してみるとほぼ間違いないと確信した。

抱卵する親鳥の姿

翌日は家内と二人で畑に出掛けたが、そっと覗き込んで確認すると親鳥の抱卵している様子が確認できた。その姿がすっ呆ける時の孫の仕草に似ていると、孫に話しかける時の呼び名で呼び掛ける始末で、遂にキヌサヤの撤収は諦める事にした。
隣の畝に植わっていたエンドウ豆を撤収すると巣が丸見えになり、カラスや他の鳥に襲われるかもしれないと心配になり、屋根をかけてカモフラージュしてあげる事にした。

育苗トレイを活用した屋根をかけた

屋根の上をキヌサヤの蔓でカモフラージュ

作業を終えて離れた所から観察していると、間もなく親鳥が戻って抱卵を開始したので一安心。
あとは、いつ巣立ち出来るか見当も付かないが、家族全員で巣立つ日を楽しみに待つ事にした。

遂にイノシシが畑に侵入

3月6日にアップした記事(遂にイノシシが畑に登場)でお知らせしたが、その数日後には少し離れた畑で作業していた本職のお百姓さんが「畑でイノシシに遭遇したので避難してきた」と、筆者の畑に逃げて来たことがあった。
今までは周辺での出没情報だけで、実際に我が家の畑の中まで入った事実はなく、なんとなく他人事のように考えていたが、遂に畑に侵入される事態が発生した。
5月18日の少し天気の悪い日であったが、にわか雨が上がったところでトマトの苗を植付けしていると、背後で何かの気配を感じたので振り返ってところ、スッキーニの敷き藁を鼻で持ち上げているイノシシが居た。
その時の筆者とイノシシの距離は5~6メートル程あったが、間に防獣ネットが有ったのでそれ程危険を感じることなく、手元にあった園芸用支柱を槍のように投げるとネット越しに命中した。
驚いたイノシシは隣の蜜柑畑に走り込み姿を見せなくなったが、とっさのこととは言え写真を撮らなかったことを悔いた。
若しかしたら未だ蜜柑畑に居るかも知れないと思い、携帯をカメラモードにして覗き込むと蜜柑の木の根元に居るのが確認できたのでシャッターを押した。

隣の蜜柑畑に逃走して隠れるイノシシ

先程の全身丸見えのシャッターチャンスをふいにした反省から、もう少し近くで撮りたいと忍び寄ると、不意に頭をもたげ此方を向いたが、シャッターを押す直前に逃走してその姿が見えなくなった。
スッキーニの敷き藁の部分を確認してみると大きな足跡が残されており、それを逆に辿っていくと、逃げた蜜柑畑から我が家の畑に侵入してきたことが判明した。
テレビによる報道や近隣のお百姓さんから聞くイノシシによる獣害は大変深刻なもので、我が家が畑の一部を部分的に囲っている防獣ネット程度では、とても防ぐことが出来ないことは明らかで、これから実害が出始めた時にどう対策するのか、今から真剣に考えておかなければならない事態である。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる