日光での一泊ツーラウンドプレイ

何年か前からバイク仲間と「一泊ツーラウンドのゴルフにバイクで出掛けたい」と話し合っていた。
そんな他愛もない話をした仲間と移動手段こそ四輪に代わったが、「一泊ツーラウンドプレイ」のゴルフが実現した。
二つのゴルフ場と宿泊場所を設定したのはR1200GSとF800GSに乗るT氏で、二組7名のメンバーを集めたのがモトラッドのW氏であり、二人は筆者と度々ツーリングに出掛けるバイク仲間である。
「日光ゴルフツアー」と銘打ったそのコンペは、筆者を含むバイク仲間3名の他に、不動産屋さん、設備屋さん、ビル配管メンテナンス屋さん、他県のモトラッドディーラーオーナーの計7名が参加した。
一日目はW氏が午前6時に自宅まで迎えに来てくれ、相模原市に住むT氏宅経由で、栃木県の鹿沼プレミアゴルフ倶楽部に9時26分のスタートに滑り込みで到着した。
プレイ終了後に着替えも行わず宿泊予定のホテルジャパン日光/ラ・ポーム霧降に移動。ラウンジでこの日の成績発表と表彰式を行ったが、筆者の成績は並居るベテランゴルファーに及ぶべくもなく、隠しホールの幸運にも見放され誰もが予想したとおり最下位であった。
入浴後、豪華な作りのダイニングで美味しい食事を頂き、高齢者団体と云う事と朝が早かった事もあってか、21時過ぎには全員が床に就いた。
二日目のプレイは宿泊ホテルから10分程で移動できる日光プレミアゴルフ倶楽部で、夜半から降り始めた雨が降る中でスタート。午前中の途中で雨は上がったものの、筆者のスコアはOBや池ポチャの連続で、沢山のボールを行方不明とした結果、最下位であった前日よりも更に20点も崩れ、一緒にラウンドしたメンバーに大迷惑を掛ける結果となった。
表彰式のあと入浴を済ませて解散となったが、一緒の車で帰るW氏、T氏と三人で東武日光駅前まで戻り、それぞれが手土産を購入して神奈川県に向かって帰って来た。
因みに筆者が求めた手土産は「日光カステラ」でした。

モーターサイクルショー2017

70歳を目前に控えてめっきりバイク活動が減少して来ていることが寂しい最近であるが、先日、元同僚からモーターサイクルショーへの誘いを受けた。
俄か百姓活動の端境期で暇を持て余していた時期でもあり、二つ返事で参加することにした。
更に一人の先輩を誘って3名で落ち合い、会場である東京ビッグサイトに車で出掛け昼過ぎに到着した。
三人ともモーターショーには仕事柄度々出掛けた経験はあるが、二輪のショーは初めてである。
第一の目的は、資産活用の一つとしてガレージハウスの建設を検討中の同僚が、太陽ハウジングリースと云う企業が提案するガレージ付きメゾネットタイプの賃貸住宅「G-Style Club」のブースを訪れる事にある。
そのブースでは担当の営業マンから、一階にガレージを持ち二階に1LDK程度の居住スペースがあるメゾネットタイプのアパートの説明を受けた。車やバイクを趣味に持つ独身者を対象に貸し出すとのことで、同じ趣味を持つ居住者同士のコミュニティーが最大の魅力で、高い定住率が期待できるとの説明があった。
この日の3名のメンバーは、若い頃にバイクの魅力に取りつかれて自動車業界に進んだ、平均年齢が70歳を少し超える者同士で、熱気あふれる内外のメーカーの展示を見て「バイクってまだこんなに人気があるのか」と、感心しきりであった。
肝心のバイク見学は込み合った人混みを掻き分けて巡ったが、国産ではホンダ、輸入車ではBMWのブースが一番人気であった。

IMG_0435_convert_20170411132944.jpg

また、その日の新聞で製造中止が報道された「モンキー」の周りには人垣が出来ていて、その人気ぶりが最も印象に残ったモーターサイクルショー2017の見学であった。

製造の停止が決まったホンダモンキーは大人気

テレビドラマ LEADERSⅡを楽しんだ

何年か前に楽しんだトヨタ自動車創設時の物語が再放送された。
その翌週にはその販売編ともいえる「LEADERSⅡ」を楽しむことが出来た。
このドラマは、豊田自動織機の一部門から派生したトヨタ自動車の生い立ち(1937年)から、戦後間もなくの労働争議に伴うトヨタ自動車販売の設立(1950年)前後までの経緯をモデルにしたもので、トヨタの販売店に長く在籍した者の一人として、大いに興味を持って楽しむことが出来た。
1970年にトヨタの販売店に入社した筆者にとっては、遠い出来事として先輩方から聞いて知っていた事も多く、改めてトヨタの歴史に触れた気がした。
特に労働争議の場面では、その当時トヨタ自動車工業の採用担当者であったという大先輩(関東自動車工業の子会社の顧問であった方)から聞いた事を思い出し、その時は何となく聞き流していた話が懐かしく思い出された。
設立80周年を迎えるトヨタ自動車が、資料面でも資金面でも全面的に支援したことは誰が見ても明らかなドラマであったが、筆者のようにトヨタに関連する仕事一本で企業人人生を終えた者にとっては、本当に感慨深いテレビ番組でした。

圏央道開通効果を実感

6年前「早起きして出かける先の無い」生活者になって以来、通勤時間帯に車を運転することは無くなっていた。
そんな呑気な夫婦に相模原に住む娘の自宅に朝一番で出掛ける必要が出来、ウイークデーの午前7時に秦野市の自宅を車で出発した。
抜け道や狭い道路を使用しないルートを辿ることから、現役時代の経験に照らして1時間30分以上は掛かると見積もって出掛けたが、想定外の道路状況に驚くことになった。
予想される最初の渋滞は県63の片岡交差点に向かう約1㎞の直線で、現役時代は絶対に通らなかった場所であるが、この日は長い列は出来てはいたものの、だらだらと流れていてあまり時間を取られることなく通過できた。
次の関門と想定したのは、小田原厚木道路の厚木西出口と側道の合流地点であるが、小田厚から降りてくる車が思いのほか少なく、信号を一回で通過できた。
その後、R129に入る船子北谷交差点の信号でも、以前は東名の本線手前まで渋滞していたものが、この日は信号を2回しか待たない程のスムースさであった。
R246とR129が共用する文化会館前から金田陸橋までは、厚木郵便局前、警察署前、厚木市立病院前、妻田の各信号で、ダラダラと渋滞が続くものと予想していたが、1~2回ほど信号に掛かっただけで、何のストレスもなくスムースに通過できた。
最後の心配であった座間警察前の信号では、青信号で停車することも無かったのには本当に驚かされた。
この結果、目的地である相武台には予想よりも20分も早い1時間10分で到着出来た。
筆者の現役時代には考えられなかった程の劇的な道路事情の改善は、おそらく圏央道の全面開通が大きく影響を与えているのではないかと推察できるが、「我々の時代に開通するの?」と考えていただけに、圏央道の開通が沿線住民の生活改善に大きく貢献していることに驚きである。
こうなると、次の楽しみは現在工事中である第二東名の開通で、せめてその時までは元気でバイクに乗り続けていたいものである。

プレミアムフライデーの疑似体験

毎日が日曜日生活者となった筆者にとって、連日マスコミで取り上げられているプレミアムフライデーは、まるで他の国の出来事のように感じられていた。
筆者が所属していた自動車販売業界は、訪問効率が高いという理由で土日も営業マンが活動し、週末は稼ぎ時と云う雰囲気が圧倒的に支配していた。
従って、1980年代半ばに流行語となった「花の金曜日」は全くの絵空事で、連日深夜まで働き続けたものである。
厚生労働省が主導する「働き方改革」の一環として、官民連携で取り組む「プレミアムフラフライデー」の最初の対象金曜日となった2月24日、横浜に出掛けて体験してきた光景を報告する。
この日の懇親会は元の仕事仲間(と云っても先輩とですが)と1年に3回ほど集まっているもので、「鳥どり横浜西口店」が何時もの会場である。
会場の近くには沢山の飲食店がひしめいているが、集合時間が17時30分と何時もより早目であった為か、普段と変わりがない人出で、この時点ではプレミアムフライデーの事はすっかり忘れていた。
店に入って飲み始めると、店内の喧騒が何時もより騒がしい気がして店員に確認してみると「今日はプレミアムフライデーなので、何時もより1時間ほど早く満席になりました」と帰って来たことで、改めてこの日が噂のプレミアムフライデーと認識した。
店から出た広場には、まだまだ飲み足りないのか大勢の人が溢れていて、これからが本番と云う盛り上がりを横目に見ながら、年寄3人ですごすごと駅に向かう帰路に就いた。
官民連携で「プレミアムフライデー推進協議会」まで設立して取り組んでいるこの活動が、大いに盛り上がり、シッカリと国民生活に定着することが期待される。
こうした体験も「毎日が日曜日生活者」である筆者にとっては、疑似体験と表現するしかないことが悲しい事なのか、嬉しい事なのか、答えが見つからない間もなく70歳を迎える年寄りの報告でした。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる