スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌舞伎を初体験

家族全員が正真正銘の音痴である我が家では、家の中は疎か車の中でも音楽が流れることは無い。そのような家族であるから音楽イベントへの参加は全く無く、もちろん観劇などと云う体験はほぼゼロに近い、云わば芸能音痴家族である。
定期購読している朝日新聞の「国宝」と云う小説は、連載の出だしがヤクザの縄張り争いから始まると云う、ハードボイルドタッチであった事に興味を覚え読み始めた。しかし読んでいくうちに、抗争で命を落とした親分の跡取り息子が役者になると云うストーリーで、世襲制が当たり前の歌舞伎界で部屋子が才能を開花させ、遂に「花井半次郎」と云う名跡を襲名する様子で、なんとなく歌舞伎界の仕来りに興味を覚えさせる小説です。
そんな折、娘が「お客様から歌舞伎のチケットを貰った」と云って、2枚の「六月大歌舞伎鑑賞券」をプレゼントしてくれた。
大喜びの家内と共に電車と地下鉄を乗り継ぎ、平成25年の開場が話題となって以来初めて歌舞伎町を訪れた。
地下鉄の東銀座の改札を出ると木挽町広場に直結していて、多くの年配のご婦人方で混雑しており、男性客は殆ど居ないのに驚くと共に、何かしら居心地の悪い気分でもあった。
因みに筆者夫婦が鑑賞した六月大歌舞伎の演目は「名月八幡祭」「浮世風呂」「御所桜堀川夜討弁慶上使」であったが、初めての体験で二人とも只々驚きの連続であった。
特に興味を覚えたのは、唄方と三味線方と付け打ち師の活躍で、主役を始めとする役者達と共に大いに舞台を盛り上げているそれらの熱演は、歌舞伎座に出掛けなければ見られない貴重なものであった。
閉演後は再び木挽町広場を訪れ、チケットを頂いた方への土産を購入し、朝乗って来た路線を逆にトレースして夕方までに自宅に帰り着いた。
帰宅後の家内の感想は「歌舞伎鑑賞は高嶺の花と思っていたけど、少し節約すれば1年に2回ぐらいは行くことが出来るね」と云うもので、常々「地震が来たら怖いので東京には行きたくない」との、持論とは正反対の発言をするほどの気に入りようであった。
スポンサーサイト

ホオジロの孵化と巣立ち

遅くなりましたが6月1日に報告した「キヌサヤの中に鳥の巣」の続報です。
ホオジロの巣があることを初めて確認したのは5月29日で、5日後の6月3日に畑に出掛けた時には既に孵化していて、小さな綿ボールのような雛5羽が、一塊になっているのが確認できた。

孵化した雛は常に口を開けて餌を待っている

巣の周りで親鳥と思しき虫を銜えたホオジロが警戒している姿がいじらしく、家内が「車の中に子供を置いてパチンコする親に見せてやりたい」と呟いていた。
他の用が続き数日畑に出掛ける事が出来ず、もう巣立ってしまったかもしれないと考えながら6月9日に出掛けて巣を覗いて見ると、案の定空っぽである。

既に巣立ちしたあとの巣の状況

しかしながら、相変わらず親鳥が周囲を行ったり来たりして、鳴き続けていることに疑問を持って巣の周辺を確認してみると、玉龍と防獣ネットの間で身動きが出来なくなっている小さな雛を発見。すぐに救助し巣の下の地面に戻してあげた。
その時に捕まえた雛の写真がこれである。

助けてあげた雛の姿です

ジャガイモの間を歩く雛の姿

まだ巣立って間もないことが分かり、巣の有った周辺を確認してみると、まだ飛ぶことが出来ない小さな雛がチョコチョコと畑の中を走り回っているではないか。
家内と二人で数えてみると、数日前に数えた卵の数と同じ5羽を確認することが出来た。


畑での作業を始めて少し経って気付いてみると、あれほど騒がしかった畑には親鳥も雛も居なくなり、元の静かな畑に戻っていた。あれほど小さくひ弱な雛が、これほどの短時間で飛び立ってしまったことに驚いてしまった。
「来年も畑の何処かに営巣してくれれば良い」と話しながら夫婦でキヌサヤの撤去を行った。
撤去した後には、既に大きくなっている深ネギを植える予定である。

オネスト会参加

また栃木県のゴルフ場でプレイする機会が有った。
このコンペは過去に幾度も報告したことのある、かつて同じ仕事をしたことのある関東地区の仲間との親睦ゴルフで、幹事は持ち回りである。
毎回、圧倒的に北関東のメンバーの参加が多く、東京都と神奈川県からの参加は1名ずつと少ない事と、北関東のプレイ費が圧倒的に安いと云う理由から、ここ数年の会場は栃木県か群馬県となっている。
今回(5月22日)のコンペは埼玉県のメンバーが幹事役で、プレイするゴルフ場は栃木市にある「ゴールド栃木プレジデントカントリークラブ」である。
指定された集合時間の8時20分に合わせて6時に自宅を出発。東北道の栃木IC手前で事故渋滞に引っかかったが、何とか2時間10分程で到着することが出来た。
この日のゴルフは筆者にとって久しぶりに記憶に残るものとなった。

スタート前に旧交を温めて記念撮影

スタートした西コースアウトが4つのパー、1つのボギー、3つのダブルボギーと47で昼食を迎え、筆者としては過去に例のない程の上出来であった。
今日こそは初めての100切りと意気込んで臨んだ午後の成績は、何時もの実力通りパー無しではあったが、ボギーを3つ、ダブルボギーを4つと、自分としては無難にまとまったものの、最終的にトータル101でホールアウトした。
このスコアは筆者の長いゴルフ経験で2回目のベストスコアタイの成績で、本人的には大満足であった。
こんなスコアで満足しているから何時までたっても二桁のスコアにならないし、たまには練習場に出掛ければよいものを、何十年も練習場に行ったことが無いのであるから、筆者には90台のスコアは一生望めないものと思われる。

高遠城址桜見物に家族と出掛けた

4月17日の月曜日、高遠城址の桜見物に車で出掛けた。
高遠はR152での長野~浜松ツーリングのコース上にあり、毎年バイク仲間と出掛ける処で何回か訪れているが、車で出掛けるのは今回が初めてである。
3月の末から、連れ合いが海外勤務になった娘が2才の孫を連れて我が家に同居しており、老夫婦との4人でのドライブである。
前日に燃料補給とエアーチェックを澄ませておき午前7時に自宅を出発した。
コースは車でもバイクでも変わることがなく、小田原厚木、圏央道、中央高速、R152のルートで、休憩は双葉SAの1回のみである。
双葉SAのパン屋さんでパンを買い、無料の緑茶を持ってテラス席に出て、下りのSAを眺めながらゆっくりと休憩を取った。
諏訪ICで中央高速を離れてR152を南下し、高遠城址公園の臨時駐車場には10時30分頃到着できた。
平日にもかかわらず沢山の観光バスが集まっており、我々は第三無料駐車場となっている中学校の校庭に車を停め、シャトルバスで城址公園まで移動した。
城址公園の桜は満開には少し早い7分咲き程度であったが、ウイークデーにも拘わらず大勢の観光客で賑わっていて、桜まつりは最高の盛り上がりを見せている様であった。
よく観察してみると、観光客の三分の一ほどが海外からのお客様のようであるが、大声で話す団体は意外と少なく、桜の花の見事さに見とれている様である。

もうすぐ満開の桜

山の名前は分からないが雪山が望める

桜の下を潜って喜ぶ子供

さくら見物を終え、ネットで検索し昼食に予定していた、高頭駅(駅とは言ってもバスの駅であるが)前にある土蔵を改装した「壱刻」というソバ屋さんを訪れたが、本日分の蕎麦は予約で売り切れとのことであり、次の候補に向かった。
第二候補は既に往路で看板を確認していた「七面亭」と云う店で、R152から少し入った所に在った。狭い路地を登り切った所に在る古民家で、運営しているスタッフも全員が地元の農家のおばさんと云う感じの素朴な店であった。この店でも我々が最後の受付と言われ、かなり長い時間を待たされたが、味噌だれで食べる「高遠そば」は中々の味であった。

帰り道は睡魔に襲われ、予定していた双葉SAまで到達出来ず八ヶ岳PAで休憩。その後は休むことなく往路と同じルートで自宅まで帰ることが出来た。

日光での一泊ツーラウンドプレイ

何年か前からバイク仲間と「一泊ツーラウンドのゴルフにバイクで出掛けたい」と話し合っていた。
そんな他愛もない話をした仲間と移動手段こそ四輪に代わったが、「一泊ツーラウンドプレイ」のゴルフが実現した。
二つのゴルフ場と宿泊場所を設定したのはR1200GSとF800GSに乗るT氏で、二組7名のメンバーを集めたのがモトラッドのW氏であり、二人は筆者と度々ツーリングに出掛けるバイク仲間である。
「日光ゴルフツアー」と銘打ったそのコンペは、筆者を含むバイク仲間3名の他に、不動産屋さん、設備屋さん、ビル配管メンテナンス屋さん、他県のモトラッドディーラーオーナーの計7名が参加した。
一日目はW氏が午前6時に自宅まで迎えに来てくれ、相模原市に住むT氏宅経由で、栃木県の鹿沼プレミアゴルフ倶楽部に9時26分のスタートに滑り込みで到着した。
プレイ終了後に着替えも行わず宿泊予定のホテルジャパン日光/ラ・ポーム霧降に移動。ラウンジでこの日の成績発表と表彰式を行ったが、筆者の成績は並居るベテランゴルファーに及ぶべくもなく、隠しホールの幸運にも見放され誰もが予想したとおり最下位であった。
入浴後、豪華な作りのダイニングで美味しい食事を頂き、高齢者団体と云う事と朝が早かった事もあってか、21時過ぎには全員が床に就いた。
二日目のプレイは宿泊ホテルから10分程で移動できる日光プレミアゴルフ倶楽部で、夜半から降り始めた雨が降る中でスタート。午前中の途中で雨は上がったものの、筆者のスコアはOBや池ポチャの連続で、沢山のボールを行方不明とした結果、最下位であった前日よりも更に20点も崩れ、一緒にラウンドしたメンバーに大迷惑を掛ける結果となった。
表彰式のあと入浴を済ませて解散となったが、一緒の車で帰るW氏、T氏と三人で東武日光駅前まで戻り、それぞれが手土産を購入して神奈川県に向かって帰って来た。
因みに筆者が求めた手土産は「日光カステラ」でした。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。