キヌサヤの中に鳥の巣

昨年の10月23日に種を蒔いたキヌサヤが収穫時期を終え、撤去に向けた最終の収穫を手伝っていた娘が鳥の巣を発見した。
近づくと「ピピッ、ピピッ」と盛んに鳴いていたのが、危険を察知して威嚇していたのだとわかり、作業を中断した。
娘に呼ばれて鳥の巣を覗き込むと小さな5個の卵が巣の中にあるのが確認できた。

キヌサヤの中で発見した鳥の巣

巣立ちの日までそのままにしておいてあげたいと云う娘から「お父さんは子供を産んだことがないから解らないのよ!」と、訳の分からないことまで云われ、その日の作業を中断した。
自宅に戻り、野鳥図鑑と抱卵の様子を写した画像とを見比べ、その鳥がホオジロと云う名の雄では無いかと見当をつけ、更にネットで確認してみるとほぼ間違いないと確信した。

抱卵する親鳥の姿

翌日は家内と二人で畑に出掛けたが、そっと覗き込んで確認すると親鳥の抱卵している様子が確認できた。その姿がすっ呆ける時の孫の仕草に似ていると、孫に話しかける時の呼び名で呼び掛ける始末で、遂にキヌサヤの撤収は諦める事にした。
隣の畝に植わっていたエンドウ豆を撤収すると巣が丸見えになり、カラスや他の鳥に襲われるかもしれないと心配になり、屋根をかけてカモフラージュしてあげる事にした。

育苗トレイを活用した屋根をかけた

屋根の上をキヌサヤの蔓でカモフラージュ

作業を終えて離れた所から観察していると、間もなく親鳥が戻って抱卵を開始したので一安心。
あとは、いつ巣立ち出来るか見当も付かないが、家族全員で巣立つ日を楽しみに待つ事にした。

遂にイノシシが畑に侵入

3月6日にアップした記事(遂にイノシシが畑に登場)でお知らせしたが、その数日後には少し離れた畑で作業していた本職のお百姓さんが「畑でイノシシに遭遇したので避難してきた」と、筆者の畑に逃げて来たことがあった。
今までは周辺での出没情報だけで、実際に我が家の畑の中まで入った事実はなく、なんとなく他人事のように考えていたが、遂に畑に侵入される事態が発生した。
5月18日の少し天気の悪い日であったが、にわか雨が上がったところでトマトの苗を植付けしていると、背後で何かの気配を感じたので振り返ってところ、スッキーニの敷き藁を鼻で持ち上げているイノシシが居た。
その時の筆者とイノシシの距離は5~6メートル程あったが、間に防獣ネットが有ったのでそれ程危険を感じることなく、手元にあった園芸用支柱を槍のように投げるとネット越しに命中した。
驚いたイノシシは隣の蜜柑畑に走り込み姿を見せなくなったが、とっさのこととは言え写真を撮らなかったことを悔いた。
若しかしたら未だ蜜柑畑に居るかも知れないと思い、携帯をカメラモードにして覗き込むと蜜柑の木の根元に居るのが確認できたのでシャッターを押した。

隣の蜜柑畑に逃走して隠れるイノシシ

先程の全身丸見えのシャッターチャンスをふいにした反省から、もう少し近くで撮りたいと忍び寄ると、不意に頭をもたげ此方を向いたが、シャッターを押す直前に逃走してその姿が見えなくなった。
スッキーニの敷き藁の部分を確認してみると大きな足跡が残されており、それを逆に辿っていくと、逃げた蜜柑畑から我が家の畑に侵入してきたことが判明した。
テレビによる報道や近隣のお百姓さんから聞くイノシシによる獣害は大変深刻なもので、我が家が畑の一部を部分的に囲っている防獣ネット程度では、とても防ぐことが出来ないことは明らかで、これから実害が出始めた時にどう対策するのか、今から真剣に考えておかなければならない事態である。

遂にイノシシが畑に登場

冬は農閑期である。筆者は最近まで小学校で習ったその言葉を信じていたが、自身で俄か百姓に取り組んだことで、その言葉が稲作農家に限定されると云う事に気付いた。
現在、我が家の家庭菜園は、取り残した数本のダイコン、冬越しのタマネギ、既にネギ坊主が出掛っているネギの他は、すべてビニールか寒冷紗のトンネルを掛けて防寒対策を行っているが、全体の7割程は何も作付けされていない状態となっている。
畑に出掛けるしかヤルことのない筆者夫婦は、毎日のように出掛けて草をむしったり、堆肥を施したりと、夏野菜を植える準備に取り組んでいる。
そんな作業を行っていた3月1日、畑に隣接する雑木林に向かって立ち○○をしていると、人が歩いている様な音がすることに気付いた。用を足しながら茂みの中を覗き込むが、人らしい姿を確認することが出来ない。
個人的な用を済ました後も音のする方を窺っていると、突然真っ黒な生き物が藪から姿を現した。それは柴犬より少し大きいイノシシで、じっと此方の様子を窺っている。
10秒ほど睨み合ったあと隣のみかん畑に姿を消したので、そこが見渡せる場所に移動して確認すると、ミカン畑の中をうろうろと歩き廻っている。
家内にも見せてあげようと手招きして呼ぶと、その赤いウインドブレーカーを着た寅年の家内に驚いたのか、脱兎のごとく駆け出し元の雑木林に逃げ込んで姿を消した。その一瞬の姿を目にした家内は畑に設置した防獣ネットを差して「こんなネットじゃひとたまりもない」と、深刻な面持ちとなった。
2年後に6回目の年男となる筆者の干支も亥であり、突然の闖入者に親近感を覚えたのかその姿に見入ってばかりで、この記事に添付しなければならない写真を一枚も取ってないことに気付いたのは、畑から帰る車の中であった。

タマネギ苗作りに苦戦

色々な料理に使えることと、長く保存できることから、家内は毎年タマネギの作付けに熱心である。
タマネギは家庭菜園として比較的作り易く、俄か百姓を始めた2012年から毎年種を購入して苗を立て、収穫出来たタマネギはご近所や子供家族の食卓を飾っている。
また、美容院を営む娘が「お客様にお持ちいただくと喜ばれる」と、毎年コンテナ2個程のタマネギを欲しがり、家内と一緒に軽トラックで届けている。
過去4年間、殆どトラブルもなく順調に収穫出来たタマネギの栽培に異変が発生した。
今年も早生1袋、中晩生2袋の種を9月7日に蒔き、新聞紙を掛けて毎日水遣りをすると10日後の9月17日に発芽した。その後順調に生育していたが10日程して異変に気付き、よく確認してみると小さな青虫と黒い虫が沢山付いていることが判明。
その発覚から数日の間、毎日のように夫婦で虫取りを行ったが、発芽した苗の5割程が消滅してしまった。
その被害を補おうと10月2日に1袋の中晩生を追加で蒔き5日後に発芽したが、その頃には最初に蒔いた苗の被害は更に拡大し、7割程が消えて無くなった。
これでは足りなくなると判断し、追々加の種を蒔き何とか10月18日に発芽したが、この頃には虫の姿はすっかり無くなり、現在では3回に分けて蒔いた苗が出来栄えこそマチマチであるものの、何とか育っている。

3回に分けて種蒔きしたタマネギの苗

しかし最初の種蒔きから3回目までに1ヶ月以上経過しており、植え付、追肥、収穫の作業をそれぞれ3回ずつ行わなければならないのは余計な作業である。

秋の長雨

今年の天候は異例ずくめであるような気がするのは筆者だけではないと思う。
号数が逆転して東北・北海道を襲った3つの台風による、洪水や土砂崩れなどの被害報道が繰り返された。
そんな異常気象の影響で、筆者が住む神奈川県でも9月に入って雨の日が続き、俄か百姓の活動に支障をきたしている。
テレビで放送される報道でも、関東地方の雨続きの天候が伝えられ、市場関係者による野菜の入荷量不足の声も聞かれる。
9月は冬野菜の種まきの時期で、我が家の狭い庭にも白菜、キャベツ、ブロッコリー、レタス、キュウリの苗がすくすくと育っているが、それらを植付ける畑の準備が雨の為出来ないでいる。それに加えて、孫の子守で数日あたふたしたこともあり、後片付けもソコソコに放置された畑が我々夫婦を焦らせている。
それでも束の間の雨間を狙って、9月17日にハクサイ、9月27日にキャベツとブロッコリーの苗を定植することが出来た。
「冬に食べる葉物野菜が何にもない」と云う家内の嘆きに、「北海道と東北の水害の影響で野菜が高騰している時に限って、ここ数年買ったことのない野菜を買わなければならないのは皮肉なものだ」と筆者が返すと、「絶対に買わない!」と言い切る家内の言葉に、長雨に対する恨つらみの気持ちが現れている。
それでも9月も押し詰まった28日にカブ、ホウレンソウ、シュンギクの種を蒔いてみたが、果たしてうまく発芽してくれるものかどうか。慌てて蒔いたそれらの種の出来不出来に、今年の冬の我が家の食卓の良し悪しが掛かっていることは間違いない。
今後の順調な天候を祈るばかりである。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる