明るい子供の挨拶

このところ毎日畑に出掛けており、めっきり散歩の回数が減少している。
そんな事もあり、先日市境を超えて隣の伊勢原市の一角まで足を伸ばした。その散歩の途中元気な子供を見かけたのでご紹介したい。
以前、筆者がMTBで大山街道から蓑毛に抜ける林道を走る時のアプローチとして串橋を通過していた。歩いている内にその懐かしい場所に差し掛かった。記憶では畑の真ん中にポツンと神社があり、その周りには住宅はおろか農業用の小屋も無かった筈であったが、今では住宅街の一部に飲み込まれ、すっかり様子が変わっている。
その神社は名前を雷電神社と云い、別雷神( わけいかずちのかみ )と云う神様が祀られている)らしい。
その雷神神社の手前の住宅地の外れに余り広くない畑があり、夫婦で作物の状況を見ながら歩いていると、「&*@$#」と子供の大きな声がした。何事かと振り返ると自転車に乗った小学生と思しき男の子二人が、振り返りながら「こんにちは」と更に大きな声で挨拶をしてくれた。
漸くその時点で、子供達が我々夫婦に挨拶してくれたと云う事に気付き、慌てて「こんにちは」と返事をした。その子たちはこちらが挨拶を返したことで満足したらしく、そのまま自転車を漕いで、先の曲がり角に姿を消した。
せっかく子供たちがすれ違い様に元気な挨拶をしてくれたにもかかわらず、畑に見とれて返事をせず、二度目の挨拶で漸く返事を返した事に、なんだか悪い事をしたような気分になった。
その後「きちんと挨拶が出来る子供は気持ちが良いね」と二人で話しながら、気分良く散歩を続ける事が出来、大変楽しい散歩となった事は有り難かった。
「毎日が日曜日」の生活になって以来、時々散歩をすると見知らぬ子供から挨拶を受ける体験を幾度か経験し「世間が云うほど今の世の中コミュニケーションは悪くない」と思うようになった。
今後は、子供たち相手でも此方から積極的に「こんにちは」と声を掛けようと思う。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる