ヨーロッパツーリングに備えて大急ぎで苗を植えた

明日から念願のヨーロッパツーリングに出掛ける。
現地での6日間のツーリングを楽しむ為には、往復の日程を加えると9日間の旅となり、畑が心配である。
出来ればヨーロッパは連日の晴天で、畑のある場所には3日毎に雨が降ってくれると良いなどと、不埒にも勝手なことを考えている。
ところが心配なことは畑だけではなく自宅で育てている苗にもある。「帰ってきてから畑に定植しよう」と目論んでいたが、この一週間ほどの成長が目覚しく、出掛ける前に植えることにした。
急遽定植を早めた苗はナスとピーマンとズッキーニである。
出発3日前の4月28日、これらの苗をトラックの振動で倒れたりしないよう慎重に固定し出発。
それぞれの植える場所は、既に鍬を使って深く堀りした後に多めの堆肥を施し、更にテーラーで3回耕運してあり準備万端である。
畑に到着後、すぐに畝立てを終わらせ、移植ごてを両手に持って深く掘った穴に堆肥を混ぜ込んで植えた。
植えたあと、10日間以上水遣りが出来ないことを考慮して、たっぷりの敷き藁を施した。月末には雨予報も出ているので、ツーリングから帰るまでにあと一回程度の天の恵みがあれば大丈夫である。

手前がピーマンで奥の畝がナス

上の写真とは別の場所にも植えた

翌日の夕方になって家内が「マクワウリの苗がこれ以上置いておくと隣同士でツルが絡み合う」と心配し始めた。結局、出発前日の4月30日に雨が降らなければ植えに行くことにした。
ところが30日は天気予報どおり朝から雨が降っていて、畑に出かけることが出来ない。植えたばかりのナス・ピーマン・ズッキーニにとっては恵みの雨であるが、マクワウリの苗にはあと10日間我慢してもらうしかない。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる