バナナの新しい保存法

団塊の世代のピークにあたる昭和22年に生まれた筆者にとってバナナは憧れの果物であった。
その頃、我々子供たちがバナナにあり付けるのは、病気になった時か遠足の時ぐらいで、1年に2~3回ほどしか無かったように記憶している。
そんな高嶺の花のバナナも最近ではすっかり身近なものとなり、買い物に出掛ける度に房で買うことが出来ほど安価で、我が家でも常にキッチンの隅で見掛けるようになった。
筆者も家内もバナナはキッチンの隅に転がして置くものと信じていて、バナナを吊るしておくことなど考えたことも無かったが、今では我が家にもバナナハンガーがあり、キッチンのテーブルにバナナをぶら下げて置いてある。

K氏から戴いたバナナハンガー

このバナナハンガーは元グループ会社の同僚で、最近は時々一緒にバイクに乗る仲間でのK氏から頂いたものである。
筆者と同い年であるK氏も「毎日が日曜日」生活に入り色々と新しいことに挑戦しているらしいが、現在はジグソー盤と木工旋盤を購入し色々なものを製作しているらしい。
頂いたバナナハンガーは支柱部分をジグソー盤で切り出し、台座の部分は木工旋盤で削り出した物で、それぞれの表面をオービダルサンダーか何かで磨き上げ、さらに仕上げにニスまで塗ってあり、素人の仕事とは思えない見事な出来栄えである。
このバナナハンガーは大変な人気で大勢の知人にお配りして大好評であるとK氏は大喜びで、さらに新しいものへの制作意欲を掻き立てられている様子である。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる