猫の額の紅葉

今年もバイク仲間と西沢渓谷、中津峡、塩沢峠、榛名神社、またソロツーリングで、風張峠、奥多摩湖、上日川峠などの紅葉を堪能することが出来た。
当然のことであるが、バイクの後ろに乗ることが出来ない家内にはこれらの紅葉を見せることは出来ず、いつも写真を見せるだけで済ましてきた。
11月も下旬となるとようやく我が家の周辺でも山々が色づいてきた。
毎日の畑と自宅との往復で走る道でも、周りの木々に色が付き始め、老夫婦二人の目を楽しましてくれる。
雨が降って畑に出かけることが出来なかった日に、傘をさして床屋から帰ってくると、猫の額ほどしかない庭の隅に植えてある、イチジクの葉が黄色く色づいていることに気付いた。
この木から挿し木した苗を畑にも植えてあるが、この時期になると全ての葉が枯れ果てて無くなっているのに、不思議なものである。

67歳になって初めて(?)見るイチジクの紅葉

イチジクの紅葉のことを家内に話すと「裁縫部屋の窓から綺麗に見える」と云われ、写真を撮ろうと思い立ってこの記事を書いている。

家内の裁縫部屋の窓は黄色いイチジクの葉で被われた

猫の額の庭に植えたモミジの紅葉はイマイチである

今月末、俄か百姓の農閑期(大げさか)に家内と二人で出かける予定の山陰かその途中で、家内に本物の紅葉を見せるチャンスがあれば良いのだが。
もちろん、今回の旅はタンデムに乗れない家内との、乗用車でのロングツーリングである。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる