2016年夏のツーリング(その3:昼神温泉からの山越え帰宅)

この夏のツーリングもいよいよ最終日である。
予定では下道を繋ぐように辿って、大井川沿いの島田に出る予定で、この日もルートを提案した筆者が先頭を担当することになった。
このメンバーでの何時もの宿泊と同じく、朝風呂と食事のあと玄関前にバイクを並べ、全員で記念の写真を撮って8時30分にスタート。

ひるがみの森の玄関で記念撮影

玄関前に整列した全員のバイク

翌日早く家族との予定があり中央高速で自宅に戻る仲間1台と別れ、R153(三州街道)で南下を始めた。
平谷村役場の先をR418に左折し、茶臼山温泉を経由して茶臼山高原を目指した。県46に右折する売木交差点で少し迷ったが、無事に茶臼山高原に到着して休憩を取った。

景色は見えないが茶臼山高原の駐車場で

休憩のあと県506で南東方向に山を下り、R151(別所街道)に突き当たったあと右折して更に南下。この付近にR151・R152・R153と連番の三つの国道があることに、この記事を作成中に初めて気づいた。
浜松・佐久間左折の標識を確認してR473に移り、予め調べておいた「煮え渕ポットホール」に立ち寄り、この日2回目の小休憩を取った。

煮え渕ポットホールで一休み

静岡県に入ったあと、JR飯田線の佐久間駅の先を左折し、道幅が狭く苔が生えて滑りやすい上にきついコーナーが連続する県290で水窪に向かった。この県290の頂上の「北条峠(ほうじとうげとルビが振ってあった)」にある民族文化伝承館で昼食をとった。

北条峠で美味しいそばを食べることが出来た

地元の主婦たちが調理するそばは絶品であった

北条峠からR152の水窪に下りて燃料を補給し、山住峠に向けて県389に入る水窪橋の手前で筆者の愛車のオドメーターが5万キロを表示し、停車してメーターの写真を撮った。

水窪橋の手前で愛車が5万キロに到達

山住峠では停車もせずそのまま山を下り、13時20分に明神峡と云う看板のある直線で停車。「この分だと明るい内に帰り着くね」などと話しながら小休止を取った。

県389の明神峡で小休止

再スタートしR362に突き当たり、大井川方面に向けて左折。この道も今まで走って来た道同様「これでも国道?」と思える狭いワインディングであったが一気に通過し、大井川右岸のR473を川に沿って下り、新東名の島田金谷ICまで来たところで新東名の渋滞を知った。渋滞情報確認の為に少し路肩に泊まってあいだ、大井川本線にカメラを持った人が沢山いる事に気づき、偶然にもトーマス号の写真を撮ることが出来て孫への土産が出来た。

島田金谷ICの下でトーマス号の写真が撮れた

全員で協議した結果、旧東名で帰ることに決め相良牧之原ICまで移動したあと、牧之原SAに立ち寄り休憩と燃料補給を行った。ここで再び渋滞情報を確認すると大井松田ICから先に渋滞があることが分かり、御殿場から先を下道で帰ることに決め、最後の休憩を駒門PAに決めフリー走行で移動。駒門PAで隊列を整え、御殿場ICまで走ったあと高速道路から離れた。
御殿場からは旧R246で駿河小山に出て、松田町までR246で戻ったあと、県77と広域農道やまゆりラインで秦野中井ICの近くを通り、東海大学の裏で最後の小休憩を取ったあと仲間と別れ、19時45分に自宅に帰り着いた。
今回の2泊3日の通算走行距離は1028㎞であった。

IMG_6047_(2)_convert_20160826194325.jpg

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる