スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトラッドツーリング 福寿草まつり

「お伊勢参りツーリング」の次の日曜日、雨で汚れた愛車を洗車しモトラッドツーリングに参加した。
伊勢参りの寒さに懲りて、自身で極寒用と決めているウエアー(Goldwin Euro)を着て出かけた。集合場所は圏央道厚木PA、出発時間は7時である。
ここでの集合は16台とモトラッドスタッフ2台の合計18台で、長い列を形成して八王子JCTを経由して長野に向かった。
第二集合場所である双葉SAで飛び入り参加を含めて4台が合流。

第二集合場所に集まった22台のバイク

少し早目であるが昼食場所を目指して長坂ICを下り、県28の八ヶ岳高原大橋の手前にある中村農場に向かった。開店まで40分程も時間があり、参加者全員で自己紹介を行ったが、筆者が高齢者順に見て上から2~3本の指に入ることが判明。少し複雑な心境となった。

中村農場の前にバイクを並べて昼食となった

開店を待つ時間に自己紹介を実施

美味かった親子丼

昼食後は22台もの大所帯となることから諏訪湖SAまでフリーで走行し、到着順に燃料補給することとして出発した。
SAでメンバーの燃料補給を待つ間、諏訪湖SAの上空を旋回する大きな鳥を発見。慌ててカメラを出し撮影したのが下の写真です。帰宅後ネットで調べてみるとこの鳥は鷹の仲間の「トビ」であるらしい。

諏訪湖SAの上空を舞うトビの雄姿

岡谷JCTから長野道に入って安曇野ICを下りた所で停車。遅れた2台を少し待って収容したあと22台もの長い列で、県57、R19、県57、R143と辿って松本市四賀博物館に到着。
注射後すぐに500mほど先にある福寿草群生地を目指して歩いて移動した。群生地は斜面になっており、順路通りに斜面を登っていく途中で極寒用のウエアを着たままであることに気付いた。しかし既にその時は大汗をかき始めおり、慌てて上着を脱いだが時すでに遅しである。

福寿草の里の案内板

綺麗に咲いた福寿草

福寿草の群生地から駐車場に戻って「四賀博物館」を見学。長野県天然記念物であるシガマッコウクジラの全身骨格とシナノトド(アロデスムス)の頭骨化石を始め、多くの標本を見学。学芸員の冗談を交えた軽妙な説明に引き込まれ、時間が経つのも忘れる程であった。
博物館で予定より長く時間を過ごしたので、予定されていた松本城の見学を取りやめ、安曇野ICから長野道に入り梓川SAで燃料補給したあと、双葉SA迄をフリー走行で移動した。
双葉SAに到着したあと、長い休憩を取り現地解散となった。
筆者は伊勢原市から初参加のK氏(R1200RS)と共に、相模湖ICで高速を下り宮ヶ瀬を経由して18時30分に帰り着いた。
この日の走行距離は475㎞であった。

IMG_6618_(2)_convert_20170316214109.jpg
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。