磐梯吾妻レークラインとスカイラインを巡るツーリング

3月12日のモトラッドツーリングに参加して以来、1.5か月ぶりにバイクに乗る機会が巡って来た。
元所属していた会社のツーリング同好会の若いメンバーから誘いを受け、4月28・29日の二日間で福島方面に出掛ける事になった。
発起人のO君からは、会津若松の飯盛山を観光して、喜多方でラーメンを食べ、磐梯吾妻レークラインとスカイラインを走って野地温泉に宿泊。二日目は考えていません。と云う趣旨のメールが入った。
筆者が二日目のルート案として4案を作成。1案はR459・349・288・399と走っていわき中央ICから常磐道で帰る420㎞のルート。2案は1案のR349から東北道の小野ICで高速に乗る394㎞の案。3案はR121で南下しR400を走って東北道の西那須野塩原ICから高速で帰る358㎞のルート。最後の4案は少し遠回りをして、檜枝岐村から奥只見湖を経由し、上信越道の小出ICから帰る552㎞のロングツーリング案。
結局二日目はホテルに入って決める事にして、4案を行程表にとして参加人数分コピーして当日配布することにした。
集合は早朝6時に圏央道の厚木PAで、10分ほど前に筆者が到着した時には全員が到着しており、またしても最終到着者となってしまった。
5台の車列を作り出発。久喜白岡JCTから東北道に移り、羽生PAで休憩。燃料が心配なバイクがあり佐野SAに停まって給油。最後の休憩を那須高原SAで取ったあと郡山JCTから磐越自動車道に乗り換え、会津若松ICで高速から離れて、白虎隊ゆかりの飯盛山に到着。

さざえ堂は外から見学した

さざえ堂などを見学したあとR121で喜多方に移動し、当初から目的にしていた坂内食堂で1時間程列に並んで昼食を取った。何ともラーメン好きの辛抱強さには驚きである。

1時間ほど並んで食べた肉そば

昼食後、磐梯吾妻レークライン・磐梯スカイラインと一気に走破し浄土平で休憩したあと、この日の宿泊場所である野地温泉ホテルに16時前に到着。ここまでの走行距離は丁度500㎞であった。

磐梯吾妻スカイラインには雪が残っていた

温泉と食事を十分に堪能したあと二日目のルートを協議。誰かがフロントで貰って来たあぶくま洞のパンフレットを見て鍾乳洞見学に決定。

二日目の出発前の記念撮影

翌朝は8時前に出発し、筆者が提案していた1案を途中まで走り、あぶくま洞に立ち寄り鍾乳洞を見学。ここで昼食場所を協議し、「宇都宮みんみん」で餃子を食べる事に決定。
東北道を小野ICから宇都宮ICまで走って店に到着したが、行列を整理している警備員に確認すると「2時間待ち」との返事で餃子を諦めた。

宇都宮餃子みんみんは大行列で諦めた

再度東北道に入り、佐野SAで遅めの昼食を取った。その後久喜白岡JCTから圏央道に入り、狭山PAで最後の休憩を取って解散となった。
自宅にはまだ明るい16時30分に到着。到着後すぐにバイクを洗って車庫に格納した。
二日間の走行距離は907㎞であった。

IMG_6696_(2)_convert_20170520232024.jpg



プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる