FC2ブログ

SSTR出発場所の下見

SSTRにエントリーすることを決め、一緒に走る仲間とのメール通信が頻繁になってきた。
自身のバイク活動は相変わらず低調で、今年に入って一度しか走ってない。
少しでも走りたいと考え、特に予定のない2月27日に「出発場所の下見」に出かけることにした。
西湘地区でR134や西湘BPの海側にバイクで出られると思われる場所の確認が目的である。
最初に確認したのは平塚漁港で、R134の湘南大橋の下を潜った先の有料駐車場横の堤防に、バイクで上がることが出来た。
相模湾と江ノ島をバックにバイクの写真を撮ることが出来た。

平塚漁港の堤防から見た江ノ島方面

次に訪れた大磯港第二駐車場は、確かに道路(西湘BP)の外側であるが、駐車場からは港の内側しか望むことが出来ない。
港の内側しか見ることが出来ない大磯港第二駐車場

二宮の梅沢海岸に行ってみたが、駐車場は西湘BPの陸側で、しかも全面浜砂に覆われていて大型バイクでは危険な駐車場であった。

二宮の梅沢海岸は全面が浜砂に覆われていて危険

四か所目は酒匂川の河口にある駐車場で、R1の連歌橋交差点から西湘BP酒匂ICの入口に入り、進入路に入る手前で右にある脇道に入ると、BPを潜って海岸に出ることが出来る。
ここは西湘BPの下りを走ると、多くの車が駐車しているの光景が見える所で、かなり広い駐車場となっていた。舗装はされていないものの、入口から奥にかけて車に踏み固められていて、バイクでも入れることが確認できた。

酒匂海岸の駐車場は路面が堅かった

酒匂海岸駐車場からの海の眺め

最後の確認場所は小田原漁港で、早川の右岸を海岸に向かうと、西湘BPを潜って海岸に出る行き止まりの道があった。ここからの海の眺めは抜群で、東の方向に水平線が見えるかと思えるほど見通しが良かった。

早川の河口からの海の眺め

以上5か所の候補地を見学した後、指定道の駅である「道の駅箱根峠」まで足を延ばすことにした。
R1に戻り、箱根湯本から旧R1を選択して三枚橋を渡り、畑宿を経由しさらに元箱根を通過して「道の駅箱根峠」を訪れた。ここは現在改装中で、トイレと自販機しか利用することが出来なかったが、留守番の職員の話によると8月にはリニューアルオープン出来るとのことであった。
孫の保育園への迎えの為に3時までに帰宅する約束になっている。芦ノ湖を左回りで迂回し、乙女峠から御殿場に出て、東名高速を走って2時頃自宅に帰り着いた。
SSTRの本番では下道で400㎞を超すツーリングに挑戦することになるが、それまではソロツーリングで回数多く走ろうと決心した。
今回の走行距離は130㎞である。

IMG_7582_(2)_convert_20190228122324.jpg

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる