FC2ブログ

初めての下道キャンプツーリング

SSTR2019に出場しゴール近くにある大島キャンプ場のバンガローで一泊した仲間と、本格的に下道キャンプツーリングに出かけた報告です。
今回の下道ツーリングも、常に企画を立てて我々を楽しませてくれるFR氏(クロスカブ110)の呼びかけで、筆者を含めて5台の仲間が参加した。
集合場所は宮ケ瀬湖畔の「鳥居原ふれあいの館」で、出発予定の20分前に全員が集合。この日のキャンプ予定である「みずがき湖畔」に向けて走りなじめた。
走行はFR氏(クロスカブ110)、FJ氏(カブ110)、Ka氏(R1200GS)、Ko氏(1600GT)、筆者(R1200GS)の順で、秋山(県35)を経由して大月からR20に入り、最初の休憩場所を笹子トンネル出口にある「道の駅甲斐大和」に決めて走り始めた。

最初の休憩場所である道の駅甲斐大和

休憩のあと勝沼ICの手前から旧R20に入り、R411を辿って甲府駅前にあるスーパー「オギノ朝日店」で、夫々の昼食と夕食の食材を調達した。

昇仙峡の荒川沿いで昼食

食料調達のあと県104で山道に入り荒川沿いにバイクを停め、夫々が買ってきた食料で、バイク談議をおかずに昼食を取った。
昼食のあと昇仙峡グリーンラインに戻って北上。荒川ダムの横を県112でさらに北上を続け、クリスタルラインで木賊峠まで登って休憩。峠に設置されたクリスタルライン案内図を見て「とくさ峠」と読むことが分かり、全員が「絶対に読めない」と感心した。

クリスタルラインの木賊峠で休憩

木賊峠に設置された案内板

クリスタルラインから県23に左折し、予定していた「増冨の湯」に14時過ぎに到着。増冨の湯では沢山ある湯舟に順番に浸かり、最後は35℃の湯に長い時間沈んだ後、更に休憩室でバイク談議。予め決めていたキャンプ場所には17時前に到着した。
キャンプでは山男のFR氏が作るアヒージョをメインに豪華な夕食を楽しみ、21時過ぎに早々とテントに潜り込んだ。
翌朝は茹で上げたうどんにポン酢と生卵を絡めた料理で朝食を済ませ7時に走り始めた。

二日目の朝、全員でお世話になったトイレ

二日目のルートは、このブログでも3回ほど報告した、瑞牆山自然公園、川上村、南相木村、北相木村、ぶどう峠、川上村、神流町、小鹿野町と走り、わらじカツを食べる計画である。

みずがき山自然公園でバイクを並べて

並べたバイクの鳥瞰写真

ぶどう峠での休憩

常に先頭を走ってくれたクロスカブ なぜか右にもサイドスタンドが

目的の安田屋に11時過ぎに到着。全員でわらじカツを食べたが、食事を終わって外に出ると目も眩むような猛暑。カブ2台の燃料補給と太田甘池堂での土産購入を済ませた後、気温37℃を表示するメーターを睨みながら帰路に就いた。途中雁坂トンネルで束の間の涼感を味わったものの、トンネルを抜けると再び37℃の酷暑であった。

今回ツーリングの主目的であるわらじカツ

甲府市に出てからは大月のコンビニでの休憩一回のみで、フルーツライン、R20、R139、県35を使って前日の出発場所であった宮ケ瀬湖まで戻った。お馴染みの県35(我々は勝手に秋山街道と呼んでいる)の走行では、先頭を走るFR氏のクロスカブが以前乗っていたF650GSと何ら変わらないペースであったのは驚きであった。
宮ケ瀬で30分ほど反省会を含めたバイク談議を交わしたあと解散となった。

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる