FC2ブログ

本箱の作成

前回ご報告したバイクスタンドに続いて、家内の要望に応えて子供用の本箱を作成することにした。
リビングに置かれているテレビ台と階段箪笥の間の床が、孫たちの玩具や絵本の置き場になっており、絵本を探したり玩具を探したりするたびにかき混ぜるような状態になっていて、そこを奇麗に片付けたいというのが家内の目的である。
設置場所の寸法を測定し、幅1170㎜、奥行き440㎜、高さ370㎜と決め、子供が机代わりにも使え、更には子供たちが上に載っても耐えられる丈夫なものを作ることにした。
まず自宅の倉庫(とは言っても且つって親子でマウンテンバイクに夢中になっていた時に作った自転車庫の流用であるが)に仕舞ってある残材を確認し、天板は一昨年娘の店のカウンターの残りを使うことにし、足りないものをビーバープロで購入した。
天候が悪くて畑に出掛けることが出来ない日に作業に取り掛かり、何とか一日で組み立てを終えたが、設置場所に置いてみると隣の階段タンスとの間に50㎜の段差が出来、その段差を埋めるようにと施主である家内から追加注文が発生。
幸いなことに天板が余っていたので、下駄状の足を付けたものを追加で作成した。
仕上げの塗装にも施主から「子供二人で使うので真ん中で色を変えてほしい」との注文があり、ホームセンターで塗料を物色。アサヒペンの水性WOOD GEL STAINを選び、色はキャロットオレンジ、インディゴブルー、グレープイエローの3色を購入した。

購入した3色の塗料

塗装作業も3色の塗り分けの為のマスキング行程もあり、2回塗りの間の乾燥時間も含めて丸一日の作業となった。
完成した本箱を設置すると、さっそく二人の孫がそれぞれ自分の椅子を持って来て座り、絵本を広げたりタブレットを見たりと大喜びであった。

設置が完了した本箱

早速使い始めた二人の孫の後ろ姿

その姿を見て作った苦労が報われた気がしたが、家内から「次はどんなものを作る?」と聞かれ、どっと疲れが出た今回の本箱作りであった。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる