FC2ブログ

SSTR2020参加準備のデーキャンプ実施

2019年に初めて参加したSSTRに今年も参加出来ることになった。
昨年は既に数回の参加経験のあるA氏とその仲間に誘われ、3台のカブと共に下道でチャレンジし、無事に完走することが出来た。
その仲間と今年も参加しようと話し合い、リーダー役のA氏がエントリー手続きを担当してくれ、2年連続での参加が決まった。
昨年はバンガローを利用したが、今年はキャンプをすることに決め、各々がその準備をすることにした。リーダー役のA氏とFr氏は登山も趣味としており、すべての装備が整っていて、Fj氏は昨年の秋のキャンプツーリングにテントを購入して使用済み。問題の筆者は秋にFr氏のテントに同居させていただく始末で、今回はテントやバーナーなどを購入しなければならない。
次男がキャンプを趣味にしていたことを思い出し「不要な機材があったら貸してほしい」とメールを送ったところ、テント・寝袋・椅子を送ってくれた。
SSTR2020のエントリーが完了したあと、A氏から練習を兼ねたデーキャンプの提案があり、3月15日に金目川の河川敷に集まることになった。
集合した場所は金目川に架かる観音橋を右岸に渡り、500mほど上流にある河原で、自宅からわずかに3㎞と云う近所である。その近所に装備を積み込み出掛けるのであるから、その姿を見て大笑いした家内以上に筆者が苦笑した。
この日はクロスカブで牽引するリヤカーを製作したFr氏のお披露目を兼ねており、そのリヤカーを囲んで完成するまでの苦労談を聞き、大いにバイク談議に花が咲いた。

IMG_1784_convert_20200326163244.jpg

IMG_1776_(1)_convert_20200326163228.jpg

バイク談議のあと、夫々が持って来たテントを張ったが、一番心配していた筆者も室内での2度の練習の成果もあり、皆とほぼ同じ時間で完成させることが出来た。
バイク談議に夢中になり全員がテントの写真を撮ってないのが残念である。
その後FR氏が準備してくれたフォーのインスタント麺と、銘々が持ち寄ったおにぎりや沢庵などで軽い昼食を取った。
午後はそれぞれ所要があり13時過ぎに解散となったが、SSTR2020の本番が待ち遠しく盛り上がったデーキャンプであった。
しかしコロナウイルスの影響で5月に実施されるかが心配で、もし10月に延期になると神奈川県からオール下道で参加する我々は、スタート場所、ルート、休憩時間などの検討で大変なことになる。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる