スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての甲子園球場

東海道完歩の下見として、出来るだけ旧東海道を辿って乗用車で京都まで出かけたついでに、母校の応援に甲子園まで足を伸ばした。
筆者の母校である高知高校は1964年の夏の大会と、1975年の春の選抜に優勝経験があるものの、近年では時々甲子園球場に出場はするものの、ほとんど一回戦で敗退している。 特に1964年夏の優勝は筆者が2年生として在籍していた時期であり、同じクラスにもレギュラーの選手がいたこともあって、応援に行かなかったことは今でも残念な思い出となっている。
そんな青春時代の興奮を今一度思い出そうと、「毎日が日曜日」になって初めてとなる母校出場の応援を思い立った次第である。
試合日前日の午後、明日のチケットを購入しようと甲子園球場に出かけてみて初めて、日程が一日繰り下がり母校の試合は見られないという、なんとも情けない事態に直面した。しかしながら既にホテルにチェックインした後に発覚したこの事態は受け入れるしかなく、3月25日の第一試合(光星学園Vs北照)の試合を見ることにした。
球場から歩いて2分のホテルを8時にチェックアウトし、車をホテルの駐車場に預けたまま球場に出かけた。どちらの内野席にするのか迷った結果、一塁ベースのほうが三塁よりランナーが出る確率が高いとの理由で一塁側(北照側)のチケットを購入。早速球場に入ったところ、朝早い時間帯で三塁側のスタンドは日陰となっており一塁側を選択したことは大成功であった。

日当たりの良い一塁席から三塁側スタンドを望む

夫婦で守備練習から見始め試合終了後の光星学園の校旗掲揚までを観戦したが、どちらが勝っても良いという気楽な野球観戦は、これはこれで楽しいものであることを実感した。また、両校の応援団の熱心な応援合戦を見るのも、高校生時代に県予選の応援に借り出されたことを思い出すことが出来、甲子園まで足を伸ばして良かった。

高校球児の熱戦を観戦

試合は3回までに光星学園が3点を先取、それを追いかける北照が9回には2・3塁のチャンスを迎えたが、残念ながら得点に至らず。先取点を守り抜いた光星学園が二回戦進出を決めた。
一方我が母校は翌日の第一試合で0-4と横浜に惨敗した。甲子園で惨めな思いをしなくて済んだと、この結果を日程変更に気付かなかった自分を慰める言い訳にしている自分がなおさら惨めである。
母校の応援は出来なかったが甲子園まで来た記念に、母校のストラップを購入したことがせめてもの慰めである。

母校の応援目的を証明する唯一の証拠写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。