北海道ツーリング(その7)

7月2日午前8時15分に登別の宿を出発して、今回の北海道ツーリングの振り出し地である小樽に向けて出発。
登別の近くの「大湯沼」「具多楽湖」を見学したあと、室蘭の「チキウ岬」に向かうが、道道99の入り口で手間取り時間をロスした。チキウ岬は霧がかかっており殆ど景色は見えず。地図には水平線が丸く見えると書いてあり、楽しみにしていただけに残念であった。
国道37号から右に折れ洞爺湖にはあっという間に着いた。洞爺湖を過ぎて羊蹄山の南麓を回って、ニセコ高原に出ようと国道230号を走っていて又もやミスコース。原因は国道230を走っているつもりがいつの間にか道道230号になっており、どこで間違ったのかも分からないまま、結局道道230号で道の駅「ニセコビュープラザ」になんとか無事到着。
この道の駅には沢山のバイクが集まっており、中には50㏄のカブに山の様な荷物を積んだ、迷彩服を着た若い女性ライダーまで現れビックリ。また、札幌から車で来たという同年代のおじさんに声を掛けられ「自分はR1200RTに乗っているが、GSは乗りやすいのか?」などと質問され、30分ぐらい話し込んだ。
その後国道393の「毛無山展望台」で海から小樽の街に迫りくる霧の塊を見た。
霧の塊に飲み込まれそうな小樽の市街
小樽の「石原裕次郎記念館」に午後3時少し前に到着し駆け足で見学。ここで今夜の宿が心配になりツーリングマップルにて探したが適当な位置に宿が見当たらず、少し遠いとは思ったが「熊石ひらたない荘」に電話すると。小樽からだと少し無理ではないかと言われたが強引に予約を入れた。
当初は積丹半島を回ろうと考えていたが時間が無いのと、霧で余り海が見えなさそうであったので、国道5で「岩内」に出て国道229で日本海沿いを南下。途中でナビ設定し、「寿都」から山を越えて内浦湾の「長万部」に。ここから道央自動車道で八雲ICまで走り、また山を越え日本海側に出てようやく19時30分に到着。この宿は元々公共の宿で有ったものを民間に払い下げたとのことで、食事・風呂・部屋・サービス・料金共に大満足であった。
最終日(7月3日)は函館に泊まり明日青森に渡る予定を立て、時間に余裕は有ったが少し早目の8時15分に宿を出た。松前藩屋敷を見学した後、途中のSSで余分な荷物を自宅に送ると云う奥の手を使い、パニアケースの幅を狭めることが出来て運転しやすくなった。また途中で咸臨丸のレプリカを見つけ立ち寄り、北海道で沈没したとは知っていたが、思いがけずその海を直接見ることが出来て良かった。
北海道最南端の白神岬にて
14時30分に函館山の頂上に到着。この函館で今回の北海道ツーリングが終了するかと思うと「もう少し走りたい」気持ちと、「2週間という予定で出て来たのでそろそろ帰らなくては」という思いも有り、複雑な気持ちで函館の景色を眺めた。
今夜の宿を「東横イン」に決め函館山から電話したが出てもらえず。直にホテルに出向いてみると2名の女性フロントが客の対応に追われ、電話が鳴ってもそのままの状態であることが分かった。応援の者も現れずフロントには5~6人の列が出来ており、列の最後尾に並びながら、このホテルの他の従業員は何をしているのかと少々腹立たしかった。
ホテルの予約を取ったあと市内を走っていると、「高田屋嘉平」という看板を見つけ「北方歴史資料館」に入って見学した。司馬遼太郎の「菜の花の沖」で読んだ高田屋嘉平に関する様々な展示物が有り非常に興味深く見学出来た。その後、「土方歳三最期の地」に立ち寄り、最後に五稜郭タワーに登って「五稜郭」を見下ろし、この旅の観光を締めくくった。
高田屋嘉平の展示物
最終日(7月4日)はかなり強い雨が降る中を午前6時30分にホテルを出発、7時40分発青森行きの津軽海峡フェリーに乗船。霧と雨で景色が全く見えないので船室で横になり仮眠が出来た。
青森に上陸してからは、南下してくる前線と競争する様な形で、時々小雨に降られながらも何とかカッパを着ることなく、東北自動車道を東京に向け快走。2回の給油を含む4回の休憩を経て、東北自動車道・首都高速・東名高速・小田原厚木道路を走り切り、午後10時前に自宅に到着した。
総走行距離が4,447㎞の北海道ツーリングを無事に走り抜けたのは、メンテナンスでお世話になったモトラッドの方々や、現地での宿泊・給油・渡海で親切に応対してくださった各スタッフの方々、また途中で情報の交換と無事を祈り合った旅人の皆さんのご支援のおかげであタコとをした。
最後に2週間もの永い気ままな旅に、文句も言わず笑顔で送り出してくれた家族に感謝して「北海道ツーリングのレポート」を終了します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる