スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州ツーリング詳細(その5)

三日目・四日目とワインディングロードを中心に満喫したが、五日目は熊本市内の観光と霧島方面への移動で計画されている。
南阿蘇ペンション村の宿でブラジルから参加のW氏と別れ、R57を西に走り「道の駅大津」を左折し、県道225・阿蘇南部広域農道で昨日通過した「ミルク牧場」に立ち寄った。 四人のうち二人が65歳以上無料の優待を利用して入場し、小学生の遠足児童に混じってソフトクリームをほお張った。
その後、県道28をひたすら西に走り、熊本市内で水前寺公園と熊本城を見学。 熊本城では忍者や武者装束のエキストラと記念写真を撮るなど、まるで定年退職者が繰り広げる「卒業旅行」さながらの、はしゃぎようであった。

まるで修学旅行のようなはしゃぎぶりのおじさん

熊本城そばのアーケード街で昼食を取った後、BMWモトラッドディーラー「フリーマン熊本店」を表敬訪問し、店長と女性スタッフに歓待されコーヒーをご馳走になった。
その後は熊本ICから九州自動車道に入り、えびのJCTから宮崎自動車道に乗り換え小林ICで高速から離れ、県道1(えびのスカイライン)R223で霧島神宮の大鳥居前に出た。 既に17時を過ぎていたので参拝を明日に伸ばし、すぐ近くの宿「ペンション万遊」に17時30分に到着した。

お金をかけ放題かけたペンション

この宿は千坪を越える敷地に、建坪150坪というペンションにしては巨大な建物が建っており、ちょっとビックリ。 女性オーナーが「父親の意思を継ぎ、持ち山の材木を使って理想を追求して建てた」とのこと。 たぶん絶対に採算は取れないだろうと思える素晴らしい宿であった。
本日の走行距離は277㎞。 総走行距離は1,926㎞であった。

【六日目】
この日は朝から雨模様で、出発のときから合羽を着けての走りとなった。
バイクで5分程度の近さにある霧島神宮にお参りをしたあと、県道60で鹿児島湾まで出て、隼人東ICから東九州自動車道に入り、加治木JCTから再び九州自動車道を走り、鹿児島ICで市内に下りた。 駅前の老舗「蒸気屋」でお土産を購入。 ここで筆者が試食の饅頭を貰ったときに「外にもう一人居るんですけど?」という、今までの自分ではあり得ない発言をし、全員に試食の饅頭を確保するという離れ業まで披露した。 まさに旅の恥は掻き捨てである。
雨模様で櫻島は見えないが道路の端に濡れた火山灰が積もり、信号で止まるたびに足を滑らさないよう神経を使いながら、鹿児島市内をR226で通過。 県道23を知覧に向かって右折したあたりから雨が強くなり、山の中腹からはガスまで発生し、疲労と空腹に加えての悪天候で厳しい走りであった。
知覧では有名な富屋食堂別館で昼食を取り、「知覧特攻平和会館」を見学。 大東亜戦争の悲惨な戦いを改めて認識すると共に、当時の若者の国を思う気高い志と、数々の遺書に見る卓越な文章力と美しく書かれた文字の並びに感銘を受けた。

知覧の富屋食堂別館前での記念写真

その後は、池田湖で世界一大きい鰻の剥製を見て、雨雲に覆われて見えない開聞岳を横目に(見えないのに?)通過、長崎鼻の燈台を訪れたが視界不良で観光にならず。 やむなく指宿の宿「民宿 千成荘」に18時に入った。 宿に到着後、荷物整理に開けたパニアケースから別府で飲み残した焼酎が落下、宿の前の駐車場を全員で掃除するというハプニングもあった。

割ってしまった焼酎便のお掃除

夕食後近くの施設で砂風呂を初体験し、明日の走りに向けて早めに床に就いた。
本日の走行距離は158㎞。総走行距離は2,084㎞であった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。