スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクツーリングとパンク

仲間とのツーリング中にパンクに遭遇したのでその顛末を報告する。
その出来事は、元所属していた会社の若いメンバーとの、何時ものツーリングで発生した。
月曜日の夕方にメールが入り、明日10時に足柄SAに集合との招集が有った。「毎日が日曜日」の筆者としては取りたてて重要な予定が有るはずも無く、家内に「明日は畑に行かないよ」と告げ、即刻「参加します」と返信メールを送った。
ツーリングとしては遅い集合時間であり、自宅を9時に出発。集合場所に到着してみると既に3台が集まっていた。「今日は何台」と聞くと「4台だけ」との返事で、実は筆者が最後の到着であった。 筆者は決して遅刻ではなかったことを明記しておく。
行先を協議した結果、小川漁港魚河岸食堂に昼ご飯を食べに行き、その後はそこで考えると云う、誠に行き当たりばったりのツーリングとなった。
清水PAで休憩し、藤枝岡部ICで新東名を降りた。そのまま海に向かい焼津漁港で駿河湾に突き当たり、少し海沿いに南に移動して小川漁港には丁度昼時に到着。この食堂はツーリングマップルにも紹介されており、何時も混雑している。
昼食時に午後の工程を打ち合わせし、「東名の富士ICを降りて朝霧高原にある『もちや二輪車会館』を見学し、富士山スカイラインで御殿場に出て帰ろう」と云う事になった。
全員が燃料を補給し、焼津ICから東名で富士ICに向かった。先頭の2台は競い合うようにして見えなくなり、残り2台の後ろを筆者が走行。その内に前を走るVFRの後輪形状が少し異常なことに気付き、横に並んで確認してみると明らかにパンクである。
ホーンを慣らしてリアタイヤを指差しパンクであることを告げ、2台で路肩に緊急停車したが、既にタイヤはペシャンコの状態であった。危ないのでバス停にでも移動しようと走り始めると、間もなく清水ICまで3㎞の標識があり、何とか料金所から外に出ることが出来た。

完全に空気が抜けた状態のリアタイヤ

JAFの大急修理 この後カッターで切除した

JAFの到着を待つ間に、引き返してきた2台を含む4人で、レッドバロン・ナップス等に在庫の確認をしたが、ダンロップ190/55-17の在庫が近所には無い。在庫が無ければバイクを預けて帰ることになるので、奥の手を思いつきダンロップファルケン静甲に連絡し、ショップの在庫状況を調べてもらったところ、隣の富士市にあるバイクタイヤ専門ショップに在ることが判明。JAFによる応急修理後にR1で富士市までゆっくりと走り、無事にタイヤ交換が出来た。

無事に交換出来た新しいタイヤ

本日のツーリングはこれで打ち切りとなり、秦野中井PAまで移動したあと解散した。
ソロツーリングが多いのでパンク修理セットを購入しようと思い始めた、貴重な経験でした。
本日の走行距離は276㎞であった。

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした。

トラブルが多いですが、また行きましょう。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。