トウモロコシに大被害

「俄か百姓」で作付した作物で、一番食べる楽しみに期待していたのがトウモロコシとサツマイモである。
子供の頃、お婆ちゃんが竈に掛けた大きな釜で、茹でたトウモロコシを食べさせてくれた思い出が有り、今年は腹いっぱいトウモロコシを食べようと種から育てた。途中で強風で倒された茎を起こして竹の杭で補強するなどして、ようやく収穫直前まで来た。
ところがそのトウモロコシに大事件が勃発。
食べ頃を調整しようと二度に分けて植えておいたが、その成長の早い3畝のトウモロコシが獣(多分ハクビシン?)の食害にあったのである。
最初に気付いた時は数本のトウモロコシに齧った痕が有る程度であったが、その数日後にはこの成長の早い3畝全てが被害にあった。特に実入りの良いトウモロコシは幹から取り外され、見事に食べ終わった芯だけが地面に放置されている状態であり、家内の「悔しい〰!」と云う嘆きようは、まるで畑全体が被害に遭ったかのようであった。

被害にあったトウモロコシの残骸

このままでは遅く植えたトウモロコシまで被害に遭う事は確実であり、気を取り直して対策を考えた。結局、野菜直売所などで見かけるオレンジ色の「野菜ネット」で実の部分を覆う事にし、夫婦二人で懸命にネットを掛けたが、果たして効果が有るのか、はなはだ疑問ではある。

ネットを掛けて対策をしたが、果して効果の程は?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる