大渋滞に嵌ったモトラッドツーリング

7月15日にモトラッドのツーリングに参加した。
案内状によると行先は「雷電くるみの里(道の駅)」となっており、頭の中で経由地を辿って見ても、優に500㎞は超えそうである。その証拠に出発時間が6時と早い。
集合場所がモトラッドのお店になっており、そんな早い時間に大勢のバイクが集まるとご近所から苦情が来るのではないかと、人ごとながら心配しながら出掛けた。
出発10分前にお店に着いて見ると、既に20台以上のバイクが集結しており、路上はバイクで、店の中はライダーで一杯であった。受付時に台数を確認すると途中合流を含めて35台程度との事、何時ものことながらモトラッドツーリングの台数の多さに驚かされる。
台数が多いのでA・Bの2班に分け、筆者はB班の最後尾から数台前を走ることにした。
定刻より少し遅れて平塚を出発し、R129・R16で八王子に出て、中央高速・圏央道を経由し関越道の高坂SAで休憩、ここで数台のバイクが合流した。
出発前「次の休憩は横川SA」と告げられ、本線に戻り藤岡JCTから上信越自動車道に乗り換え横川SAに到着、ここで全員が燃料を補給した。
次は小諸ICで高速から離れ、目的地である「雷電くるみの里(道の駅)」に向かう。モトラッドのツーリングは高速に入ると列が乱れバラバラになる傾向にあり、筆者はこの区間は最後尾の数台の中を走った。すぐ前を今回のツーリングでの最高齢ライダーがF 800 STで快走、目的地まで80歳越えのビーマーの後ろ姿を見て走った。
「雷電くるみの里(道の駅)」でBMWスタンプラリーの台紙にスタンプを押し、昼食場所の「やまへい」に向かったが、ここで後ろ半分がミスコース。浅間サンライン・県道80・R18と遠回り、更に県道80で大渋滞に嵌り、「やまへい」に着いた時には前半組は既に食事を終え、待ちくたびれた様子であった。

おいしいそばを食べた「やまへい」

食事後、R141・蓼科スカイラインで大河原峠に。峠で一休みして「兜布の岩」に登ったが少し登っただけで息切れ、「昨年の今時分は富士山に登ったのに」と情けない思いをした。

大河原峠に集合したBMW

女神湖・白樺湖と通り過ぎビーナスラインの霧ケ峰でトイレ休憩を取ったが、余りにも台数が多いのと駐車場が混雑していて、県道40に一列路上駐車となった。
次の集合場所を中央高速の双葉SAに決め、そこまでは自由走行で移動。この双葉SAで中央高速で帰る組と御殿場経由で帰る組とに分かれた。
御殿場経由組に入った筆者達は予定通り一宮御坂ICからR137 で新御坂トンネルを潜ったが、このトンネルから渋滞が始まり、東富士五湖道路の富士吉田ICに入るまで大渋滞。漸く走ったと思う間もなく又もや渋滞に嵌り、篭坂トンネルの中ではエンジンを停止して耐えることになった。須走のパーキングで東名高速の事故による閉鎖を知らされ、大渋滞に漸く納得した。
この三連休の東名閉鎖による影響は、何処に行っても大渋滞であり、最終的にR246を逆走し、御殿場線の岩波駅から湖尻峠に登り、旧道で畑宿を経由して箱根湯本に出る道を選んだが、ミスコース、給油、更には濃い霧に悩まされるなど、全員がヘトヘトになって箱根湯本に到着。早々に解散したが、筆者の帰宅時間は22時近くなっていた。
本日の総走行距離は547㎞であった。

コメントの投稿

非公開コメント

ご来店ありがとうございました。

大河原峠の売店にお立ち寄りいただきありがとうございました。
11月5日まで営業中ですので機会がございましたらまたいらしてください。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる