スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテナ購入

耕運機の購入を決断するために必要な格納場所の確保策として、コンテナを購入することにした。
当初は大型の物置を購入することや、自作の小屋を作ることを検討したが、価格が思いのほか高かったり、自分で作ろうとすると技術的な問題があったり、セキュリティー上の問題が解決できないなどの理由で、決断できないで逡巡していた。
そこで急遽候補に挙がったのが中古のコンテナである。長男が「中古のコンテナを買うなら知っている所があるから言って」と話していたことを思い出し、早速長男に連絡して業者の紹介を受けた。
8月3日に耕運機を見に行ったその足で訪れた相模原市城山にある広大なヤードでは、沢山の中古コンテナが集められ、リサイクル販売できるように架装補修や塗装を行っている。担当者の話によると震災の被災地向けに、毎日のように何台かの出荷があり忙しいとのことであった。
入り口近くに2段に積み上げた完成品置き場に案内され、あらかじめ電話で在庫を確認してあった10尺物のコンテナを見せてもらった。そのコンテナは2トン車用冷凍コンテナで、後方の観音開きのドアの他に左右にもそれぞれ2枚のドアが付いており、倉庫だけではなく休憩スペースをも兼ねた用途を思い描いていたので、一目で気に入りその場で購入を決めた。
翌日コンテナの設置場所に植わっている梅ノ木数本を撤去しようと畑で作業をしていたら、突然昨日の中古コンテナ販売会社の社長が現場の下見に来てくれ、「明日にも持ってきましょう」と嬉しい回答であった。オマケに撤去しようとしていた梅ノ木も「ついでにクレーンで抜いてあげます」と何よりも嬉しい提案を頂いた。数週間前に1本の梅ノ木の撤去に3日も費やした経験があるだけに、家内と二人で大喜びした。
搬入当日は予定の時間が少しずれた(コンテナヤードでAKB48の撮影が有り、搬出できなかったとの事)が大型トラックに積まれたコンテナが無事に到着。クレーンで3本の梅ノ木と1本の山椒の木を軽々と引き抜き、その広く平らになった場所にコンテナが設置された。

設置が完了したコンテナの外観

畑に置いてみると10尺コンテナの大きさは思い描いていたイメージより大きく、全てのドアを開けて風を通すと、中での休憩は非常に快適そうである。

サイドのドアを開けた状態 反対側にも2つのドアがある

納品時に聞いた中古コンテナビジネスは、倉庫や仮説事務所に限らず、冷凍機を搭載してイベントに使用するなど、幅の広い需要があるとのこと。30年も前にこのビジネスを立ち上げた先見性に感心した。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。