BMW MOTORRAD DAY 2012に参加

8年以上前にR1150-GSを購入して以来、毎年案内を貰っていたBMW Motorrad Bikermeetingには現役時代は参加出来なった。「毎日が日曜日」初年度の昨年は北海道ツーリングの直後であり、これも不参加であった。今年のイベントには参加したいと考えていたところ、8月上旬になって案内を貰い直ぐに申込をした。
長野方面へのツーリングの定番集合場所である足柄SAに午前7時に集合し、総台数16台で会場となるHakuba47に向かった。中央高速の双葉SAで合流したバイクも併せて高速道路走行を続け、松本ICで下道に。南アルプスサラダ街道と県道319交差点近くにある「庭園そば処みさと」で美味しい蕎麦を食べた後、県道25・県道306・裏道と辿って木崎湖の手前でR148を少し走り、また裏道に入り木崎湖西岸の湖畔沿いの道を気持ちよく走った。
再びR148で北上すると、青木湖と道の駅白馬を過ぎたところで、国道の左側にBMW Motorradの幟が林立している。この幟に挟まれた狭い道路がHakuba47の入り口である。

会場入り口に林立するBMW Motorradoの幟を背景に

幟の間を走って会場に着くと所狭しとバイクが並び、我々の纏まったの駐車場所を探すのに苦労した。
会場では色々なイベントがあるが、筆者にとってこれと云って目玉のイベントは無く、ヒルクライム・GSトロフィー・S100RRレーサの各デモンストレーションを見ただけで、暑い会場をウロウロし、イベント記念Tシャツと電源アダプターを購入した。この電源アダプターで先に購入した携帯コンプレッサーが何時でも使える事になったのは良かった。

参加した証にと購入したTシャツ

夕方、一旦宿にチェックインし、夕食を済ませて再びシャトルバスで会場に戻り、トークショーや花火などを見学して宿に戻った。この時実施されたビンゴゲームにおいて、一緒に参加した仲間の若い一人にヨーロッパツーリング5万円値引き券が当たり、帰りのバスの中で「この際転職してでもヨーロッパに行け!」などと無責任な話題で盛り上がった。
翌日は黒菱林道を放牧中の牛に道を塞がれたりしながら標高1,500mまで登り、下界の眺めを楽しんだが、残念ながら山の景色は厚い雲に覆われ見ることが出来ず、辛うじて顔を出した瞬間に写真を撮ったが何という山なのかも不明である。

黒菱林道の終点で見た名前の分からない山

帰り道は往路を逆に走り、昼食のために須玉IC近くのうどん屋「ちくら」に立ち寄っただけで走り続けたが、例によってあちこちで渋滞に悩まされた。

帰り道に食べ、美味しかったうどん

あとで分かった事であるが、昨年まではBMWバイクでの参加しか出来なかったものを、他メーカーバイクでの参加も認めるようになったとのこと。また毎年参加する仲間の話では「年々参加台数が減少している」とのことで、若者のバイク離れがBMWにも影響している様である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる