スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京スカイツリー見学に参加

長年勤務した会社のOB会が主催する東京スカイツリー見学に参加した。
毎年1回の総会と、その後に開かれる懇親会以外に行事が無かったOB会として、初めて企画された行事のバスツアーである。
当初から参加者の確保が心配されていたが、会員25名と、ご夫妻での参加が5組あり、総勢30名のバスツアーとなった。
横浜発の観光バスツアーの定番となっている天理ビル前に、定刻30分前に到着すると、既に先輩が1人到着していた。その後続々と仲間が集まり、最後にビールを詰め込んだ保冷バッグを担いだ会員が、定刻ピッタリに駆け込んで全員集合。一路東京に向けて出発した。
バス旅行で一番不思議なことは、最初に座った席から誰ひとり移動することがない事であるが、この日も最後列の右窓際に座った筆者は一日中この席で過ごしたし、他の会員も全く席の変更をしなかった。
最初の目的地は浅草寺・雷門・仲見世で、ここは全参加者が神奈川県に住んでいるので、全員が何回目かの場所であり、約50分の観光予定時間の半分以上を再集合場所である浅草神社の大鳥居下で、昔話に花を咲かせて過ごした。
つづいて本命の東京スカイツリーに移動した。混雑する一般個人客の長蛇の列を尻目に、団体専用入り口と専用エレベーターで展望デッキに登った。高さ350メートルからの眺望はさすがに見晴らしが良く、東京中が見渡せる状況であったが、遠くは少し靄が掛っており、残念ながら富士山を見ることは出来なかった。今回は時間の関係でフロア450には登らなかったが、登った仲間も居た事を後で知り、筆者も登れば良かったと後悔した。

フロア350から新宿方面を見る 富士山は確認できず

フロア340のガラス床から下を見下ろすと、その高さは恐怖感を伴って実感することが出来る。そんな中、小さな子供がガラス床の上でドンドンと足を鳴らして飛び跳ね、その子供を遠巻きに眺めている大人達の心配そうな様子が印象的であった。

フロア340のガラス床から真下を見た

東京スカイツリーの予約時間の影響であろうか、遅い昼食を築地場外市場の「すしざんまい奥の院」で食べ、既に多くの店が閉店した後の場外市場を散策したあと、本日の最終目的地である靖国神社に移動した。
靖国神社では戦争の記録を残す「遊就館」を見て、「少し戦争を正当化するところも有るネ」と大先輩と感想を述べ合い、反戦意識を高めた見学であった。最後に靖国神社の本殿を参拝し帰路に就いた。
久しぶりの昔の仲間との再開で楽しい一日を過ごすことが出来「またこうした楽しい行事を開催しよう」と誓い合って、楽しいバスツアーを横浜駅で解散した。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。