スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北紅葉狩り報告(その1)

予てより「出来たら東北に紅葉を見に行きたい」と夫婦で話し合っていたが、少ない夫婦の予定(大半が家内の予定とは情けないが)の間隙を狙って10月15日から4泊5日の東北の紅葉狩りドライブに出掛けた。
畑を丸々5日間も空けるのは心配であったが、天気予報でも少しは雨も降りそうであり、水やりの心配も少ないと勝手に判断し、思い切って出掛けることにした。
前日洗車を行い、オイルチェックとタイヤのエアー圧(8月12日に報告したコンパクトコンプレッサーを初めて使用した)を確認し、午後9時には床に就いて出発に備えた。
出発の日は午前3時に起床し、4時少し前に出発。小田原厚木道路は少し倹約して側道を走り、厚木ICから東名高速に入った。首都高3号・環状C2を経由し東北自動車道に移り、菅生SAまで一気に走り燃料を補給。その後、仙台南部・仙台東部道路を辿って松島海岸ICまで走った。松島は今年の夏バイクで来たばかりであるが、家内が初めてとのことで、瑞巌寺を見学した後、観光船に乗り松島湾を一周した。

老夫婦を出迎えてくれた松島のカモメ(ウミネコ?)

震災から1年半が経過したが、復興の状況はどうか確認したいと思い、R45で石巻まで足を伸ばしたが、途中の所どころで仮設住宅を発見し「こんな不便な所で御苦労されているのだと」と家内が呟き、山のように積まれた瓦礫の処理場や、石巻市街では何にも無くなった広大な空き地を見て、夫婦で絶句した。まだまだ片づけの段階であり、復興には程遠い状態である。一日も早い復興を祈るばかりである。
次の観光地として中尊寺の金色堂を予定しており、R45・R342・東北道・R4に複雑に県道を交えて移動したが、思ったより時間が掛り、中尊寺の駐車場に着いたのが15時近くになった。大急ぎで参道を登り、金色堂を見学。16時20分に中尊寺の駐車場を出発した。
東北道の前沢SAの案内所で花巻の観光協会の電話番号を聞き、協会の担当者に大沢温泉の山水閣と云う宿を紹介して貰った。宿には17時30分に到着し、風呂に入って食事を済ませ床に入ると、あっという間に朝であった。
二日目は、宿の近所に石川啄木や高村光太郎にちなんだ見所が有るが無視して、次の観光目的地である十和田湖に向け、東北道を十和田ICまで走り、続いてR103で発荷峠に10時過ぎに到着した。十和田湖周辺は全く紅葉の気配すらなく、他の観光客もがっかりした様子であった。
次は今回の旅行の最大の目的である奥入瀬でのトレッキングである。十和田湖から下流にある石ケ戸の駐車場まで車で移動し、靴を履き替え渓流沿いに子ノ口まで歩くわけであるが、途中に数々の滝が有りその都度立ち止まるので、所要時間は2時間45分も掛った。出発前は紅葉の中を歩くことをイメージしていたが、まるで新緑の中を歩いている様な雰囲気で、異常気象の影響の大きさを感じた奥入瀬渓谷のトレッキングであった。

まるで新緑のような10月の奥入瀬渓谷

十和田湖畔の子の口からバスで車を停めた石ケ戸まで移動し、15時40分に出発。R103沿いに睡蓮沼・地獄沼を観光したが、この辺で漸く紅葉らしい雰囲気を味わう事が出来た。

ようやく紅葉らしい雰囲気の地獄沼

しかし、地獄沼で既に17時となり、慌てて青森側にケイタイが通じる所まで降り、昨日と同じ要領で浅虫温泉に宿を決め、辰巳館と云う温泉旅館に18時過ぎに到着した。
ここの受付で住所を書くと、担当の伯父さんが昔近所でスナックを経営していたとの事でで、暫し昔話に花が咲いた。何処にご縁が有るのか分からないものである。
以降は次回の報告につづく。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。