スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座礁船と御前崎灯台見学ツーリング

東北への紅葉狩りや、その他で出掛けることが相次ぎ、ブログの更新が遅れている。
今回は10月24日に出掛けた久しぶりのツーリングの報告です。
前日の夕方、「明日休みでバイク乗りたい人どこか行きませんか?連絡ください。」とメールが入った。「毎日が日曜日」の筆者にとっては願っても無い暇つぶしになると、即参加する旨返信した。数分後に「了解しました」と返事が有り、夜になって追加で「明朝9:00に東名高速足柄SA」と連絡が有った。
当日集合時間の15分ぐらい前に足柄SAに到着すると、昨日メールを貰ったO氏のバイクが1台だけ泊まっていた。SAの建物から出て来たO氏に挨拶して「今日は何台?」と聞くと、「2台!」との返事。昨夜、家内が「水曜日のツーリングは珍しいね」と云っていたがその疑問が的中した形である。
SAの案内カウンターで新東名の地図を貰い、無料のお茶を飲みながらコースを確認。島田金谷ICで降りてR473・R150と辿って御前崎に向かう事にした。
早速2台でスタート。途中静岡SAで燃料を補給し、下道に降りて旧東名の相良牧野原ICをやり過ごした所で一面のお茶畑に遭遇。余りにもの広さに感動し、農道にバイクを停めて写真を撮った。少し先に走ったところに伊藤園の研究所もあり、さすがお茶処と感心した。

広大なお茶畑にて

R473を海岸に突き当たったところでバイクを停め、歩いて松林を潜りぬけると、駿河湾越しに伊豆半島が一望できた。視線を海岸に沿って左に移すと、大きな貨物船が砂浜に異常接近しているのを発見。数週間前のニュースで座礁が報道されているのを思い出し、見学することにした。バイクで相良サンビーチの駐車場に移動すると、大きな貨物船の船尾が砂浜の直ぐ近くまで乗り上げていた。

座礁船をバックに

座礁船見学の後、御前崎総合案内所にある「海の幸プラザ」で、安くてボリュームのあるマグロの鮨を食べたが、さすがのO氏も筆者も満腹となった。
食事後は、御前崎灯台から駿河湾と遠州灘を眺め、更に陸側に遠く富士山の山頂を眺望することが出来た。

御前崎灯台から見た富士山

帰り道は旧東名とR139にて富士五湖方面に向かい、二人とも初めて訪れる場所である、西湖近くにある紅葉台に立ち寄った。R139から北に逸れて少し入ると、乗用車通行禁止の看板があり、そのまま進むと頂上までの4~500メートルがダートであった。慎重に登ると頂上には広い駐車場が広がり、その奥に2階建ての建物が有り、その屋上が展望台となっている。展望料を払い屋上に出ると、目の前の雲の上に富士山が頭だけを見せており、天気が良ければ雄大な富士山が見えると思うと本当に残念であった。

紅葉台からの富士は雲に隠れていて残念

紅葉台の後は、東富士五湖道路と東名高速を使って神奈川県に戻り、二人だけであったので中井PAにてうどんを食べて解散した。2台でのツーリングはめったに無いが、臨機応変に小回りが利いて中々楽しいものであった。
この日の総走行距離は440㎞でした。


コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

先日、埼玉のあの方より直電がありましたよ。 
老年ライダーさんのブログを教えていただいた後、どうしようかなぁーと思っていましたが、僭越ながらコメントを投稿し良かったと感じています。

紅葉台ですが自分もこの年まで一回も行ったことがありません。 どうも有料という響きが素直に受け入れがたく・・・

Re: タイトルなし

こんにちわ。
コメント有難うございます。
2740GGさんの精力的なバイクへの取り組みに感服いたしております。
紅葉台はボロボロの鉄筋コンクリートの建物の屋上が展望台で、確か150円(間違っていたら御免なさい)でした。眼下に見える樹海の向うに聳え立つ富士山は天気が良ければ圧巻です。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。