スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSKレストア(その1)

2011年9月26日(月)にDSKのエンジンが掛った。
友人の二日間にわたる懸命な作業の結果、この日のエンジン始動にこぎつけることが出来た。友人に大感謝です。
しかしながら1957年製のバイクはその製造から実に54年の歳月が経過しており、ジェネレーターの発電がうまく出来ず宿題となっております。
こんな姿ですが何とかエンジンが掛かりました

今回エンジンが掛った事で、走らせる目途が立ったので、これから本格的なレストア作業に入る事が出来ます。やらなければならない事はフレーム・タンク・フェンダー・ヘッドライトボディー等の塗装と白いストライプ、リム・ハンドル・ヘッドライトリム等のメッキ等が有り、これから相当な手間と時間とお金が掛りそうですが、何とか仕上げたいと思います。
筆者とDSKの付き合いは高等学校時代に遡ります。免許を取る前から伯父さんがDSKのA25に乗っており憧れていた。16歳で自動二輪の免許を取り、修学旅行の費用を流用して初めて手に入れたオートバイ(当時はそう呼んだ)は、メグロのZ-7と云う500㏄の単気筒で、ブレーキとシフトが左右逆と云う代物でした。その後、通学路の途中のバイク屋さんにボロボロのDSKのA25が置いてあるのを見つけ、何とか交渉して2.5万円で手に入れ少しだけ修理し自慢げに乗っていました。
大学への進学で自宅に置いたままになった愛車は、友人が石に乗り上げクランクケースを割ると云う事故であえなく廃車。それ以後、筆者はバイクとは縁のない生活を送っておりましたが、2004年 (筆者が54歳の時) に老後の趣味にとBMWのR1150GSを購入して乗り始め、今はR1200GSに乗り継いでいます。
本題のDSKに話を戻すと、伯父さんから引き継いで所有していた従兄から、既に20年近く乗っていなかったA25を昨年譲り受け、「毎日が日曜日」になった今年本格的に直し始めたものです。
昨年我が家に届いた状態の写真です

筆者は自動車ディーラーのサービス部門に長年勤務していましたが、事務系の仕事が殆どで修理の実作業の経験が少ないうえに電気関連に弱いので、これから苦労をすることは目に見えております。しかし時間だけはたっぷりと有るのでコツコツと直していくつもりですので続報にご期待下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

初訪問です

北海道ツーリングから拝見しております。
これからのデンスケのレストア記事楽しみにしております。
デンスケ観にK75にて遊びに行こうか?なんて思っていた矢先、エンジンストップ。レッカーのお世話になりました。(保険付帯のサービス、役に立ちました)
燃料系電源の不良迄原因を突き止め、部品オーダーしました。25年経過しても部品が国内在庫にて有り、ホッとしています。
SONYスカイセンサー。懐かしいですね。私も弟分の5500を買って貰い大事に聴いていました。中学生の頃ですね。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。