「熊出没注意」の看板が有る散歩道

11月24日は午前中小雨が降っていたが昼頃までに何とか雨は止んだ。
一人であったので少し遅い昼食を取り、近所のハイキングコースへ散歩に出掛けた。このハイキングコースは、初心者コースとして人気が有り、大勢のハイカーと、本格的に大山方面に上り下りする登山客で週末は大賑わいである。
この日は土曜日であったが、午前中が小雨であったことと、筆者の出発時間が14時と遅めであった事から、それ程多くの人には出会わなかった。
自宅を出発して10分ぐらい歩いて小学校の裏手に出ると、目的の弘法山が一望できる。この小学校の裏から東名を超えて5分程度歩くと山への登り口に到達する。ここから目的地である弘法山と権現山の間は所謂登山道ではあるが、関東触れ合いの道としてきれいに整備されたコースで、筆者は20年ほど前まで休みの度にマウンテンバイクで走った道である。

登り口から10分ほどで稜線に出る

弘法山と吾妻山を結ぶ稜線に出て進路を西に取り歩き、2~3のアップダウンを通過したところに「熊出没注意」の看板が有る。一度数メートル通り過ぎたが、ブログのネタになると思い引き返して写真を取ったが、呼吸が乱れていたせいか手ぶれである。

熊出没注意の看板 息が上がり手ぶれで申し訳ない

写真では注意書きが不鮮明である為下記に書いて見た。
『この付近にクマの出没情報が有りました。
クマに遭遇したら、刺激しないようにし、慌てずに静かに立ち去りましょう。』
この「熊出没注意」の看板まで自宅から40分少々で歩けると云うと、どれ程筆者の自宅が田舎であるのかがご理解頂けると思う。ただしご近所の方々の名誉のために書いておくが、小田急線の駅から「熊出没注意」の看板までもほぼ同じ程度の時間で歩ける筈である。
その後はセッセと歩き、第一の目的地である弘法山には1時間15分ほどで到着。

弘法山頂上にある鐘楼 このあと酔っ払いの女性が打っていた

休憩を取らずにそのまま、隣にある権現山まで歩き、展望台で休憩した。天候が悪かった割には展望台から江の島や三浦半島を見る事が出来た。
休憩後権現山から龍報寺に下り、小田急線路沿いを歩いて自宅に16時30分に到着した。
所要時間2時間35分、最高到達点244メートルと、久しぶりに歩いた気分で満足した散歩でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる