後輩の定年に思う

30年以上も一緒に仕事をしてきた後輩の定年を祝う会に呼ばれて参加した。
この後輩は学生時代にダート走行に夢中で、当時モータースポーツ関連の窓口を担当していた筆者のお客様であった。
その後、ミイラ取りがミイラとなり同じ会社に入社し、その大半の期間を筆者と共に仕事をする事になるのであるから、人生とは本当に面白いものである。
その後輩は、事務仕事に地道にコツコツと取り組むタイプの社員で、そのコツコツとこなす仕事を通じて多くの後輩がお世話になり、実務上の相談相手として重宝がられていた人物である。
ベテランの相談相手の定年に際して、若い有志が声を掛け合って長年の労をねぎらう「定年を祝う会」を開催することは本当に素晴らしい事と思う。またその酒宴に参加させてもらい何となく心が温まるのは、筆者が歳を取り過ぎたせいなのかもしれない。
筆者がこの会社を去ったのは既に4年も前となったが、未だにこうした会合にお声が掛ることは誠に有り難いし、予定らしい予定が殆ど無くなった「毎日が日曜日」生活に、大きな刺激を与えて頂ける数少ない楽しみの一つとなっている。
最後に上機嫌でお礼の挨拶に立った主役の後輩は、少しお酒が過ぎたのか珍しく長話となり「その話はさっき聞いたよ」とヤジを飛ばされ、和やかな雰囲気で解散した。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる