バイクで甲子園に遠征(復路)

ベスト8に進出が決まったあと、バイクを預けてあったホテルに戻り帰り支度をした。
預けてあった荷物とウエアを受け取り脱衣場で着替えていると、風呂に入りに来た自身もバイクに乗ると云う若者から声を掛けられ、ナンバーを確認していたらしく「遠くまで帰るのでお気をつけて!」と声を掛けて貰った。
出発前にメールを確認すると、昨日夕食を共にした娘の義父から着信があり、「今私は西宮名塩SAにいます。・・・・・」とあり、・・・・・の部分をよく読まないで「六甲を超えて中国自動車道から帰る予定です。何処かでお会いいたしましょう」と返信した。

ホテル前で荷物のパッキングを終え出発を待つ愛車

ホテルを出てR43を西に走り、芦屋川沿いに県344を北上して芦有ドライブウエイの入り口まで着いた所でメールを確認してみると「今大津SAです。私の1時間遅れ位ですね。土山SAで一時間ほど休憩を取ります」と着信があり、六甲の裏で落ち合う積りが既に新名神に居るとのことで驚いた。
慌てて「追いかけます」と返信し芦有ドライブウエイのゲートにバイクを進めると、係員から「土日は二輪車走行禁止」と告げられ大パニックに。走行禁止で有れば戻るしか無く、元来た道を引き返し芦屋ICから都市高速5に入り、名神高速を急ぎ京都方面に向かった。
途中でとにかく電話で話さなければと思い、大津SAに立ち寄り電話を入れたが繋がらず、やむを得ずそのまま土山SAまで走り、やっと出会う事が出来た。
ここで初めて神奈川県まで出掛ける積りであることが判明。食事は既に済ましたとのことで、慌ててタコ焼きのタコの代わりに牛肉が入った「??焼き」と、焼いた「甲賀餅」1個を腹に入れ、取敢えず空腹を解消した。
ここから一緒に走る娘の義父はヤマハFZ400で、14時30分に2台並んで土山SAを出発した。
新名神から東名阪自動車道・伊勢湾岸自動車道・東名高速道路・第二東名高速道路と各JCTで乗り継ぎ、浜松SAに立ち寄って燃料を補給した。
駿河湾沼津SAで最後の休憩を取った後、一気に自宅まで走る予定で出発したが、走り出して間もなく小雨が降り出し、御殿場IC手前の東名に合流するあたりでは本格的な雨となった為、止む無く足柄SAに飛び込み合羽を着ることになった。
既に真っ暗となった秦野中井ICまでの走行で後ろを走っていたFZ400が遅れ、ICのゲート手前でしばらく待って漸く合流できた。途中のSAでETCカードを抜いたことを思い出し、鮎沢PAに立ち寄ってセットしてきたとの事であった。その後は何時もの生活道路を走り自宅に19時20分に到着。
いろんな事があったが無事にバイクでの甲子園遠征は終了。この後母校は更に1勝しベスト4まで進出。楽しい思い出となった選抜高校野球大会であった。
今回の総走行距離は二日間で1,069㎞であった。

二日間での総走行距離は1,069㎞であった

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる