オネスト会と云う仲間

筆者が勤務していた自動車販売店と同じチャンネルの、関東地区のサービス担当者OBを主体とした仲間が「オネスト会」と云う会を結成している。活動内容は年2回のゴルフコンペで有り、全員が懐かしい仲間と定期的に会って話が出来ることを楽しみにしている。
この会は筆者の2代前の先輩達が立ち上げた会が母体となっており長い歴史があるが、筆者が参加し始めたのは一昨年の秋からで、今回が4回目の参加である。
今回のコンペはレイクウッド ゴルフクラブであるが、筆者の自宅近くにあるレイクウッドGCでは無く、群馬県の「富岡コース」であるから相当に遠い。
前日はゴルフバッグを車に積み込んだうえ、何時もより2時間も早く床に就いた。当日午前4時に起床し、すぐに簡単な食事を済ませ、5時丁度に自宅を出発した。

出発が早く日の出と競争で200キロ先を目指す

年金生活者らしく出来るだけ高速道路を回避しようと企み、東名・首都高速を回るコースを避け、下道で圏央道の高尾ICまで移動し、圏央道・関越自動車道・上信越自動車道と約200㎞を走って、7時30分に目的地に到着した。
受付を済ませたあと次々と到着する懐かしい仲間に出会い「ブログ見ているよ!」と声を掛けて貰ったり、バイク好きの仲間とスタート直前までツーリング談義(この方は九州一周2週間のソロツーリングから一昨日帰って来たばかり)に花を咲かせるなどして、全くクラブに触ることなくスタートホールに向かう事になった。
こうしたゴルフに対する不熱心さが全ての原因で、今回も上がって見るとブービー賞と云う不名誉な賞を戴く事になるのであるが、それだけ懐かしい仲間との会話は楽しいと云う事の裏返しであると、変な理屈をつけて「下手くそ」を自認しているのであるから、呆れたゴルファーである。
筆者に取ってはゴルフよりもプレー後の表彰式における仲間との会話が楽しみである。この楽しみの為に朝早くから200㎞も走って来たわけであるが、表彰式は1時間程度で終わり14時過ぎに解散となった。クラブハウスの玄関前で名残惜しい会話を交わすと共に、秋の再会を約束して16時30分に車に乗って帰路に着いた。

表彰式の様子(逆光で申し訳ない)

ところで、前述のバイク好きの方(群馬県在住)から「会社のツーリング仲間と連休に伊豆に出掛けるので一緒に走りませんか」とお誘いを受け「是非ご一緒させてください」と返事をした。
既に自分の会社の若いメンバーとの一泊ツーリングに参加することを決めており、連日のツーリングとなる為、途中参加になるかもしれないが楽しみである。
帰路は鶴ヶ島JCTまで千葉に帰る仲間の車の後に付いて走り、単独となったその後は朝来た道の逆順を辿って2時間50分を掛けて自宅に帰り着いた。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる