スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの梅の木の掘り起こし

5月に入ってバイク活動が目白押しで、8日になって漸く畑に出掛けた。
昨年4月から始めた「俄か百姓」であるが、今まで家庭菜園として耕してくれていた方が、梅林を切り開いてくれた畑であり、10メートル四方程度の小さな畑が梅の木を避けるように点在していた。
筆者が耕し始めてすぐに、耕作面積を拡大しようと10数本の梅の木を掘り起こしたことは前にも記事にした。しかしながら、敷地の中央を南北に貫通している通路が梅の木を避けて微妙に曲がっている事が以前から気になっていたので、思い切って一番大きな木を掘り起こすことにした。
そう思い立ったので気が変わらぬうちにと、連休前の4月29日に作業に取り掛かった。
最初に梅の幹を中心に直径2メートル程の円を描くように溝を掘った。この溝掘りの段階で大小様々な大きさの根が現れ、それを一つひとつ鋸と剪定バサミで切り取って行く。この工程だけで初日の作業を終了した。
遊び呆けた連休明けの8日に、久しぶりに畑に出向き掘り起こし作業の続きに取り組んだ。
既に梅の木を囲むように掘った溝から、中心に向かって掘り進み、遺跡発掘作業(と家内が表現した)のように掘り出した巨大な根を、出来るだけ幹に近い位置を鋸で切り取る作業を黙々と続けた。
作業に取りかかって3時間以上経過して漸く周囲の根を全て切り取り、力を入れて幹を揺すって見ると少しグラグラと動いたがまだ倒れない。
幹の真下を覗きこむと、2~3本の余り大きくはない根が真下に向かって伸びていることが確認出来たので、このうちの2本を鋸で切り離し、家内と二人掛りで揺すったところ漸く倒れた。
掘った穴の中に根元を残し、穴の周囲に幹を持たせ掛けた梅の木は余りにも重くて動かせない。解体して出すしかないと判断したが、幹が巨大過ぎてこの日の作業は断念。

苦労して倒した梅の大木 大きさを比較するために立っているのは家内

翌日、大きな根を数本切り離し、更に幹を中央で二分割にして、ようやく穴から引きずり出すことができた。
掘り出した後の巨大な穴を埋め戻し、最初の目的であった畑の通路を直線にする為に、数本の杭を立て今回の掘り起こし作業が終了した。
厳しい重労働あったが終わってみると達成感があり、サツマイモ畑の端にある邪魔な木も撤去したくなったが、既にサツマイモの苗が植わっており収穫後の作業に成りそうである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。