突然の誘いで110㎞のミニツーリングに参加

関東地方が梅雨入りする前日、ジャガイモの収穫をしようと畑に出掛ける準備をしていた11時少し前に、一週間ぶりぐらいで筆者の携帯に着信があった。
元会社の若いバイク仲間からの電話で「今畑ですか? もし暇だったら強羅の温泉に行きませんか!」と云う誘いで、既に4台ほどが集合を終え、間もなく出発するとのことである。
余りにも突然の誘いであったが、バイクに乗れるのは何よりも有り難いと、家内に出掛ける旨告げると「行きたいの? ジャガイモ掘りは延期しようか」と呆れ顔で許可が出た。
何時もは着替えを家内が出してくれるが、慌てて自分で準備し、着替えを済まして外に出ると、何時もの通り出発を見送ってくれたので一安心。
そんなこんなで慌しく出発し、集合場所に指定された小田原厚木道路の小田原PAに向かった。料金所を通過してPAに入るとまだ誰も着いてなかったが、バイクを停めて手袋を取りヘルメットを脱ぎかけると仲間が到着。平塚ICで休憩して時間調整したとのことでほぼ筆者と同時の集合となった。
簡単な打ち合わせの結果、旧街道で箱根に上り、箱根関所跡近くの「明か蔵」で食事をして、強羅温泉の国民宿舎「箱根太陽山荘」でお風呂に入る事に決定。
小田厚の最後のトンネル出口で車線変更違反の取り締まりがあるので、トンネル手前から右車線に入るようにとの注意を受けて出発。箱根口でR1に下り、三枚橋から旧街道に入って一気に登り詰め、畑宿入り口から再びR1の下りに入り、「明か蔵」には12時過ぎに到着した。

R1に面した「明か蔵」

若い仲間は肉料理が定番であり、ここの料理も牛・豚・鶏肉のセイロ蒸し料理がメインである。ある仲間が「お年寄り向けに野菜セイロ膳がありますよ」とメニューを見せてくれたが、そう云われると見栄を張りたくなるのが年寄りの性で、「皆と同じにする」と「あかセイロ膳」を注文した。

見栄を張って注文した「あかセイロ膳」

ミニツーリングの出たとこ勝負の気楽さで、食事後に強羅までの道順を話し合い、R1と県75を走って姥子温泉に出て、県734で強羅に向かう事に決定。強羅の箱根太陽山荘には13時頃に到着した。

箱根太陽山荘の入り口

ゆっくり温泉に浸かり、8月の九州遠征の話題などで過ごした後、箱根から下りることにした。西湘BPの「橘PA」で最後の休憩を取ったが、最近限定解除に合格したF君の次のバイクの品定めをしようとレッドバロンの茅ヶ崎店に寄る事に急きょ決定。
レッドバロンで沢山のバイクを見たが、一階の入り口に超レア物のバイクを発見した。そのバイクはスズキの「RE-5」と云う、何とロータリーエンジンを搭載したバイクで、説明書きによると、1974年製の輸出専用バイクとのことで、販売価格は198万円となっていた。

初めて見たロータリーエンジン搭載のバイク

結局ここにはF君の気に入るバイクは無く、駐車場で挨拶をして解散となった。
本日の走行距離は112㎞で、今までで一番短い距離のツーリングであった。


IMG_0375_3_convert_20130603141627.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる