スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背丈ほどの草と格闘したボランティア

5月18日に初めて参加した「善波川あじさいロードの会」に続いて、5月26日に「大根川あじさいの会」と云うボランティアに参加した。
先回と同様、川の土手を散歩が出来るように整備することが目的のボランティアである。
集合場所に集まると前回同様、世話役の方々が倉庫から機材を出して、燃料を入れたり並べたりと準備をしていた。

準備をする先輩ボランティア

車から持参した刈払い機を下ろし燃料を注入すると「この裏の土手を担当してください」と場所の指定を受けた。その場所は筆者も時々散歩で歩く場所であるが、永い期間草刈りをしていない場所で、筆者の背丈よりも高い萱が生い茂っている。

刈り始めの草の状況

数年伸び放題の萱は幹の太さが大人の親指ほどもあり、下を這っている葛の蔓は更に太くて頑丈で、中々思うように作業は進まない。
土手の肩の部分を50メートル程にわたって刈ったところで刈払い機の燃料が無くなった。既にほかの場所で作業をしていた仲間も片づけを始めていたので、本日の作業を終わらせることにした。

筆者が担当した場所

残された部分は1カ月後に作業する予定であるが、その頃には今日刈った場所の草がすっかり伸びているのではないかと心配である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。