高校野球県予選の観戦

「俄か百姓」のパートナーである家内に突然出掛ける用が出来、7月14日の日曜日の畑作業が無くなった。
朝食後、暇にまかせて丹念に新聞を読んでいると、地方版に「今日の試合」という高校野球の案内があった。その記事によると筆者の住まいの近くにある秦野球場で2試合が予定されている。
その日筆者に与えられた仕事は「雨が降ったら取りこんで」と頼まれた洗濯ものの管理だけであり、空を見ると快晴とは云えないものの雨が降る気配はない。
第一試合だけ見ようと思い立ち球場に出掛けた。球場に着くと駐車場が満杯で、誘導係の高校生に「文化会館の駐車場にお願いします」と案内され、球場まで徒歩で10分程の駐車場に車を停めた。
到着し500円の入場券を買って球場に入ると、既に3回の表まで試合が進んでいた。
スコアボードを確認すると2回の表に湘南学院が8点を取り、8対2とリードしている。その後は余り点が入ることなく進み、8回の裏に三浦学苑が2点を入れたものの、反撃はここまで。結局8対4で湘南学院が3回戦に進出した。

今では珍しい手書きの選手名を掲げたスコアボード

筆者が高校野球を球場で見る最大の楽しみは、両校の応援合戦に感動を受けるからで、この試合も吹奏楽部とチアを交えてのスタンド同士の熱戦が展開された。

懸命に声援を送る応援団

お互いの健闘を称えあう試合後の挨拶 

もう一つの楽しみは試合前のノック練習で、グランド整備の様子を見たあと、両校のノック練習を見た。監督のノックの鋭さや、捕球して返球する野手の姿を見て、若々しくきびきびした動作に感動した。
続く第二試合は7回の表まで観戦したところで俄に空模様が怪しくなり、家内から指示された洗濯ものの取りこみが心配となって引き上げることにした。
球場の外に出て駐車場に向かう途中、大きな歓声が聞こえ試合の先行きが気になったが、この声援で厚木が1点を追加して勝ち越し、そのまま逃げ切ったことは後で知った。
問題は洗濯ものであるが、急いで自宅に向かうものの、途中で小さな渋滞に捕まり気が気ではない。自宅まであと1㎞ほどのところでフロントガラスに水滴がポツポツと付き始め、間もなく先行する車の轍がくっきりと見えるようになり、自宅に着いた時には本格的な雨になっていた。
家内が帰宅しそのことを報告すると「畑にも降ったかしら」と作物の心配が先で、洗濯物のことは「この程度はエアコンで乾く」とさらりと受け流してくれた。
やはり筆者に主夫は務まらない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる