スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道ツーリングリポート(その1)

今年の6月中旬に毎日が日曜日の生活に入り、ブログをスタートさせたいと考えていたが、自分のIT能力不足で既に約2カ月が経過した。
一刻も早く立ち上げたいとブログ公開に取り組んでいたが、現役時代は困るとすぐに若い社員に助けてもらっていた罰にたたられ苦労いたしました。
ブログを運営したいと思うようになったのは、「忙しい現役生活から毎日が日曜日に移行する段階の生活習慣の違いをどう受け止めるのか」という個人的なテーマへの取り組みを記録し、自分自身の新生活への移行をスムーズにしたいと考えたことからです。
既に毎日が日曜日の生活も2カ月近く経過し、やろうと思っていた計画も幾つかは実行に移しており、このブログが立ち上がらなければ第二の人生が無策に終わるのではないかと心配でした。

今回のブログからは北海道への単独ツーリングのレポートをアップしたいと考えております。
18歳まで遊んだバイクから遠ざかっていた私が再び乗り始めたのは、「引退後の趣味の一つにバイクに乗りたい」と考えた7年前になります。
子供のころから憧れていたボクサーエンジンのバイクとしてその時購入したのがBMWのR1150GSでしたが、今年の3月にR1200GSに乗り換え、その乗り換えを機にMOPでローダウン仕様を選びました。
北海道行きは数年前から「引退したら北海道ツーリングに出かける」と周囲の友人に口癖のように伝えていたため、引退が決まった直後から何の戸惑いもなく計画を立て始めることが出来ました。
ツーリングの計画は概ね次のように決めました。
①あくまでも単独ツーリングとする。
②新潟港からフェリーに乗り小樽に上陸する。
③北海道を時計回りに回ることを原則とし、内陸部にも足を延ばす。
④宿は予め予約せず毎日現在位置の周辺で探す。
⑤期間は約2週間とする。
6月22日午前3時に自宅を出発。宮ヶ瀬湖・相模湖を経由して相模湖ICから中央高速に入り、圏央道を経て関越自動車道を辿るコースで新潟港に向かう。関越自動車道では燃料不足とSAの不足で、不覚にも途中で下道に降り給油するというハプニングを経験しながら無事新潟港に到着。フェリー乗り場の駐車場で自分より数歳年上のBMWライダーと挨拶、北海道の山を5か所ぐらい登りながらのツーリングとのこと。船の甲板では同年代の元地方公務員に話しかけられ「福島県の自宅が震災で瓦が数枚落ち、被災証明をもらったのでここまでの高速道路は無料であった。北海道を1カ月ぐらい、車を宿にして旅をする」とのこと。自分も含めて「何と毎日が日曜日組の多いことか」と初日にして実感させられた。
北海道では羽幌・利尻・礼文・浜頓別・網走・川湯温泉・旭川・帯広・登別温泉・熊石・函館と宿泊し、念願の北海道一周ツーリングは完了。帰りは函館から重りにフェリーで渡り、青森から自宅の神奈川県まで2回の燃料給油と2回のトイレ休憩で一気に走りぬき、4500㎞野長旅が終了いたしました。
次回はいよいよ北海道に上陸後のレポートです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。