夫婦二人で128歳の北海道珍道中 第六報

本日の予定は宗谷岬を見て日本海側を南下するという程度で、他に大した観光の予定は無い。
ペンションのオーナーに見送られ午前9時に宿を出発。道254で野寒布岬を経由して稚内市街に出て、更に宗谷湾を左に見てR238を走れば1時間ほどで宗谷岬に到着する。
相変わらず宗谷岬には全国津々浦々のナンバーを付けたバイクが沢山停まっており、又もや「やっぱり北海道はバイクに限る!」と思いながら駐車場に車を停めた。

日本最北端の地を表すモニュメント

お決まりのように「日本最北端の地」の碑をバックに家内の記念写真を取り、道路の反対側にある丘に歩いて登ってみると、明治時代に建てたという監視所や、大韓航空機事故慰霊碑などがあり、隣国と隣り合わせの最北端の地らしい緊張感がある。先回のバイクツーリングでは只々走るだけで何も観光をしていない事を痛感した。
宗谷岬平和公園から稜線を南に走り道889に突き当たって右折した所で、今回の北海道で一番と思われる程雄大な牧草地に出くわし、その間を縫うように走り宗谷湾側のR238に出た。

雄大な牧草地の向うにオホーツク海が見える

一旦稚内市街に戻り、道106に入って利尻水道沿いに南下する道を選んだ。
このブログのデビュー記事(2011年7月22日)「漸く念願のブログにデビュー」でアップした見渡す限りの直線にバイクを停めて写した写真をイメージして写真を撮った。

どこまでも続く直線道路に車を停めてパチリ

延々と続く海沿いの直線道路に「凄い!スゴイ!」を連発しながら南へ南へと走った。
13時頃、二人とも腹ペコとなり「道の駅てしお」に立ち寄りしじみラーメンを食べ、またすぐに走り始めた。今夜の宿も決めてないのにどうしてそんなに急ぐのか筆者にも(もちろん家内にも)理解できない。

道の駅てしおで食べたしじみラーメン

手塩から先はR232と国道に変わり、脇目も振らずに羽幌を通り過ぎた先の「道の駅風Wとままえ」で休憩を取った。この道の駅には宿泊施設も併設されているが15時30分ではまだ泊まるのには早過ぎる。車に戻って例の「宿泊北海道」をめくって留萌の日帰り温泉併設のホテルに予約を入れた。
留萌に向かう途中、「道の駅おびら鰊番屋」に車を停めたが、月曜日が定休日と案内があるだけで中に入れない。先回のバイクツーリングも確か休みであった。道の駅に休みがあって良いものか?と首を傾げたが、なぜか番屋の玄関前に筆者の地元の偉人二宮尊徳の銅像があったので、二宮尊徳に免じて入館を諦めることにした。二宮尊徳の像は日本中どこにでも有るらしい。

お休みで中が見れない鰊番屋

留萌の市街に入ったところでナビに設定し、案内されて到着したのは携帯の電波も届かないほど山間の「ホテル神居岩」で、駐車場は日帰り温泉客の車で混雑していた。

留萌で泊まったホテル神居岩

説明書きによると硫黄と塩化系の2泉質があるとのことで、温泉としては大満足であったが、宿と食事は今ひとつであった。風呂で大学時代から30歳まで立川に住んでいたという地元の同年輩に話を聞くと、留萌は人口が大きく減少し今では大きな宴会が出来る施設はこのホテルしか無くなったと嘆いていた。

本日の走行距離は253㎞で総走行距離は1,883㎞となった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる