夫婦二人で128歳の北海道珍道中 第七報

9月10日火曜日は留萌の携帯の電波も無いほどの山間のホテルを8時過ぎに出発。北海道で一番人気の観光地である富良野と美瑛が近くではあるが、二人とも既に行ったことがあるという理由で本日の目的地を札幌方面に決定。海岸沿いではなく内陸を走ることにした。
宿のある留萌からR233・深川留萌自動車道と進んで深川西ICで妹背牛町に下りた。R12の「道の駅たきかわ」に立ち寄り家内がおやつ用のミニトマトやりんごを調達する間、筆者は地図で行き先を検討していた。
もひとつこの「道の駅たきかわ」で驚いたことは、家内が発見したのであるが我が家ではお馴染の「ごっくん」と云う柚ジュースを販売していたことである。この「ごっくん」は筆者の郷里である高知県の「馬路村農協」の製品で、これを見つけた家内の観察眼に驚くと共に、最近は柚酢を欧州に輸出していると聞いていたが馬路村農協の販路拡大力に驚愕した。

北海道で筆者の郷里である高知のジュースを発見

夕張を観光して札幌に出ようと地図を見ていると「日本一の直線道路(29.2㎞)の看板」という文字を発見。なんと目の前の国道を少しだけ南下したところにあるらしい。何の意味も無いが日本一という言葉に魅力を感じ、その道を走って夕張に行くことにした。
現場に行ってみると確かに延々と続く直線道路ではあるが、道の両脇に商店街が続く上にアップダウンも激しく、イメージしていたような地平線まで見渡せる直線道路ではなかった。それにしても29㎞もの直線道路がどういうキッカケで出来たのか、それは何時ごろ、どんな測量方法で直線を保てたのかと興味が尽きない魅力的な場所ではあった。

日本一長い直線道路の看板

岩見沢からR234・道3と走って夕張にある「幸せの黄色いハンカチ想い出広場」に12時半に到着。広場に上がった黄色いハンカチの写真を撮ったり、ロケに使った建物の中に入って映画のビデオを見学し、高倉健の演じた男の生き様に感動した。

幸せの黄色いハンカチ想い出広場

夕張にはこの他に見るものは無く、道々3号と38号の交差点横にあった文化会館でもあろうか巨大な人気の無い施設を見て、家内と二人で「これでは財政破綻するのも当たり前だ」話し合った。
ここで日ハムファンでもない家内から「札幌に行ったら札幌ドームで野球を見ようよ」と提案があり今夜の予定が決まった。
R274で札幌市内に入り、ドーム近くのコンビニで入場券を買ったのまでは良かったが、宿泊場所が決まらない。コンビニの駐車場に車を停めて14~15件のホテルに電話を入れたがいずれも「あいにく満室です」と丁重に断られた。止むを得ず、今まで若い人たちの施設と思い込み利用を避けていたユースホステルに電話を入れてみると幸運なことに予約が取れた。
早速「札幌国際ユースホステル」に移動しチェックインを済ませ、駐車場に車を置いたまま地下鉄に乗って札幌ドームに行くことにした。札幌ドームでは二刀流で注目を集めるルーキー大谷のホームランを見たし、半分興味本位でレフトスタンドの応援席に座ったことで日ハムファンの熱い応援も体感することが出来た、二人で大満足であった。

夕日に輝く札幌ドーム

日ハムの応援団席であるレフトスタンド席から観戦

それにしても北海道観光に来て、日ハムのファンでもない夫婦が二人揃ってプロ野球観戦とは、実に不思議で説明不能な行動である。
本日の夕食は札幌ドーム近くのイトーヨーカドーで調達した弁当で済ませた。
本日の走行距離は218㎞で、総走行距離は2,105㎞となった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる