ゴボウの試し掘り

俄か百姓活動が二年目となった今年はいろいろな作物に挑戦しようと考え、セロリやアスパラ等に加えてゴボウにも挑戦した。
種苗屋さんで購入した種の袋には「直径が10㎝になる」と書かれてあったが、半信半疑で作ることにした。
3月22日に直播で一畝に種蒔きをしたが、発芽して本葉が出る頃になるとヨトウムシの被害が出始め、毎日まいにち家内はヨトウムシ退治に懸命であった。
かなり多くのヨトウムシ被害を出したが、夏場になるとグングンと茎が伸び始め、9月の終盤には茎の背丈も大きさも立派に育ったように見える。
葉だけは立派でも土の下は余り良くないというサツマイモの体験もあり、試しに一本だけ掘ってみることにした。
いざ掘り始めてみるとゴボウの収穫は予想以上に重労働である。
茎から少し離れた個所に鍬で溝を掘るのであるが、どこまで掘ってもゴボウの先端は現れない。50㎝ほど掘り下げた溝の中に入って、竹ヘラを使ってゴボウの周りの土を慎重に取り除き、全身泥まみれになって漸く摘出に成功。
慎重に取り出してみると、茎の直ぐ下から少し小さめ(と云っても並みのゴボウの大さはある)の二本の枝分かれがあり、真ん中の幹の一番大きな部分の直径は5~6㎝はありそうな大物であった。

重労働の成果として自宅に持ち帰った巨大ゴボウ

折れないようにと大切に持ちかえったが、その日の夕食のメニューは煮しめとキンピラが並ぶ、ゴボウのフルコースであった。
たった一本の試し掘りでこれだけの労力が必要であることが分かると、一畝にずらりと並んだ残りのゴボウを収穫する作業の大変さが思いやられる。と同時にこの巨大で本数の多いゴボウを煮しめとキンピラと云うレパートリーだけでは食べ切ることが困難と思われ、家内は新しいレシピの開拓に迫られることになる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる