モトラッド四国ツーリング第四報

今回の四国ツーリングも最終日となった。
宿で朝食をお代りまでして食べたあと出発の準備に手間取り、会計係として最後の宿代を清算して外に出ると既に全員が準備を終えて待っていてくれた。

お代りまでしてくつろいだ最後の朝食

今日の予定は法隆寺と東大寺の参拝で、R42で和歌山市の中心部に入り和歌山城の下でR24に右折したあと、和歌山ICから阪和道に入って奈良方面に向かった。
松原JCTから西名阪道に入った辺りで燃料が心配になり、香芝SAに立ち寄り燃料を補給したあと法隆寺ICで下道に下りて法隆寺に到着した。
法隆寺の周辺には余り大きな建物も無く、よく有る田舎町と云う雰囲気の中に広大な境内があった。
現在から1400年以上も前の西暦607年に創建されたという法隆寺の、多くの建物や夥しい数の仏像などの文化財を見て、本来全く興味などありもしない我々年寄りライダーもつい時間を忘れて見学した。

法隆寺での記念写真

引き続いてR25・R24と走って向かったのは東大寺で、目的地が近くなると道の脇に鹿が現れ始め、特に中央分離帯の中で草を食べている鹿には驚かされた。
南大門の奥にある中門の左手の入口で料金を支払い、ゲートを通り過ぎると大仏殿の雄姿が目に入りその巨大さにビックリさせられた。

東大寺では台湾から来た旅行客がシャッターを押してくれた

大仏殿の正面から入りご本尊を仰ぎ見てその大きな姿に圧倒されると同時に、神奈川県に住みながら未だに鎌倉の大仏様に参拝したことが無い事実に思い当たり、自分自身でも不思議な気持ちがした。

大仏様のお姿 とにかく巨体であらせられる

ここで帰りの時間が気になり始め、大仏殿の見学だけを終えたところで駐車場所に戻り走り始めた。
再び筆者が先頭を走ることになり、ナビの指示に従ってR369・県754・R24と細かく乗り継ぎ、木津川の北岸を走るR163を伊賀上野に向かって走り、名阪国道の大内IC傍にある「名阪 上野ドライブイン」で昼食を取ろうと停車した。何を食べるか迷った結果、予算が余っている事もあってドライブインの直ぐ隣にあった和食レストランに移動して伊賀牛の焼肉定食を食べた。

少し遅めに食べた伊賀牛の焼肉定食

食事を終えたのが既に15時であり、ここからは何時もの遠出のお決まりで一目散に走って帰ることになった。

名阪 上野ドライブインでは駐車場だけお借りして申し訳ない

帰りの道順は、名阪国道の終点に当たる東名阪道の亀山ICから高速に入り、伊勢湾岸道・東名高速・新東名高速と乗り継いで、燃料補給のため浜松SAで休憩を取った。
燃料補給後のミーティングでこの場所で解散することが決まり、あとは自由走行となった。筆者はF氏と2台で最後尾を走り始め、その後一度も休憩することなく秦野中井ICでF氏と別れ、自宅に戻ったのは19時30分であった。

このメンバーとのツーリングはとにかく走る事に重点があるのか毎日走りっ放しで、特に筆者の郷里である高知では桂浜を出て徳島道の池田PAまでノンストップで走るという急ぎっぷりであったが、最終日の法隆寺と東大寺の見学では全員が並みの年寄りに戻った様な表情をしていた。今後は少しゆっくりとしたツーリング計画が必要であると思う。
本日の走行距離は418㎞で、4日間合計の走行距離は1,993㎞であった。
また平均燃費を計算すると19.6㎞/ℓと珍しく20を下回った。

ピンボケで申し訳ない 一応1993.4㎞を表示したトリップメーター

後日、会計の収支報告書をモトラッドに届けて四国ツーリングは完了した。
因みに、ETC通行料金と燃料代を除いた費用は1人頭4万3千円でした。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/11/28 08:50)

和歌山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる