スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R1200GS初めての車検

「毎日が日曜日」生活者になって一番の楽しみとなっているのはバイクツーリングであるが、早いもので愛車が購入して3年目の初回車検の時期を迎えた。
この愛車は定年直後の北海道ソロツーリング用にとR1150GSから代替したもので、車検の時期が来たと云うことは「毎日が日曜日」生活者になって間もなく3年が経過することになり、時間の流れの速さに驚いている。
3月8日(土)に家内に足を頼んでモトラッドまでバイクを持ち込んだ。
3年前の3月に購入して以来、北海道への2週間ツーリング、九州へは2回、四国に1回と長距離ツーリングをこなし、他に一泊では信州に4回、紀州と奥州と甲子園に各1回出掛けた。
また日帰りツーリングでもモトラッドのツーリング、元勤務した会社の仲間とのツーリングの他、ソロでも度々出掛け、車検時点での走行距離は34,970㎞となっていた。
この距離を平均すると毎年15,000㎞程を走ったことになり、年老いた筆者にしては良く走ったものである。
一番の消耗品であるタイヤは昨年暮れに2回目の交換を行い、新車時に装着されていたものを含めて現在は3セット目である。バイクのタイヤは実に高額で、たった2本と取替え工賃合計で68,000と、乗用車用タイヤ4本分よりもはるかに高価であり、15000㎞毎とはいえ年金生活者には大きな負担である。
二番目の消耗品はエンジンオイルで、オイルエレメントの交換時にはモトラッドにお願いし、その他の時期には自分で交換しているが、100%合成オイルを選択するとそれなりに高価で、これも我が家の家計を圧迫する原因の一つである。
そんな消耗品の額とは一桁違うのが車検による出費で、元業界人である筆者としてはその内容は一つひとつ十分に理解できるものの、いざ一消費者の立場に立ってみるとなんとも高額である。
車検と同時にギヤオイル、ファイナルギヤオイル、ブレーキフリュード、スパークプラグ、エアフィルター、バッテリー等を交換して12万円の支出を家内にお願いした。
これで2年間走ることが出来るが、月に換算すると5千円である。この車検費用は乗る回数が月一回だと5,000円、月2回で2,500円、更に月3回乗ると1,700円と低くなるので、せいぜい頑張って乗らなくてはならない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。