スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待望のアスパラガス収穫

今まで我が家の食卓には余りなじみの無かったアスパラガスであるが、種苗店で目にした種を購入し2013年4月18日にポットで育苗に取り組んだ。
苗の背の高さが20㎝程になり畑に移植する段階になり、マニュアルを確認すると収穫は3年後という説明があり、移植場所に困った。
結局3年間その場所を占拠されるとの判断で、梅の木の間の畑になっていない部分に植えることに決めた。
その苗がすくすくと成長し高さが50~60㎝程になったので、風で倒されることを警戒して周りをビニール紐でとり囲んで大切に育てた。
アスパラガスが順調に生い茂った後、秋には立ち枯れ状態になったので根元から刈り取り、春になって芽を出すのを待つことにした。
アスパラガスが並んだ食卓を夢見る家内が、切り藁を敷き詰めたり、堆肥を施したりと愛情を注ぎこみ、新芽が出るのを楽しみに毎日観察を続けた。
1月の上旬になってアスパラガスらしい姿の新芽を家内が発見。

1月11日に初めて芽を出したアスパラガス

マニュアルでは3年目に収穫と書いてあるのでこれは食べられないと諦めてはいたが、3月の下旬になって食べられそうな芽が幾つか出て来た。

3月26日のアスパラガスの状況

数本だけ家に持ち帰り茹でてみると、柔らかい上に今まで食べたことが無いほどの甘いアスパラガスであった。
その後も次から次へと発芽して来たので、3月31日に思い切って食べることにした。

3月31日にはこんなに沢山の芽が出てきた

サラダにして食べようと20本程のアスパラガスと、発芽して間もないホウレンソウと水菜を収穫した。
また芽を出して伸びたばかりのフキの茎も持ち帰り煮物にした。

予想に反して立派なアスパラが収穫できた

一緒に収穫したホウレン草・ミズナ・ブロッコリー・フキ

この日の我が家の食卓は、人間の食事でいえば精進料理、家畜のそれでいえば牛の餌状態であった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。