スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦半島へのショートツーリング

いよいよヨーロッパツーリングが近付いて来た。
ヨーロッパツーリングのトレーニングを終えたM氏から「海外遠征前に軽く走りませんか」と三浦半島へのショートツーリングのお誘いがあった。
いつもの通り二つ返事で参加する旨回答したあと、現役時代の仕事仲間であるR1200RTを所有するK氏を誘う事にした。
最終的にM氏から「トレーニングを受けていたT氏も参加」との連絡を受け、二人だけの予定が4台でのツーリングとなった。
9時30分にK氏のガレージで落ち合い、2台で集合場所に決めていた「なぎさ橋珈琲逗子店」に到着すると、既に2台のBMW(F650GSとGS)F800GS)が駐車していた。

K氏のガレージ前に並んだR1200RTとR1200GS

M氏は「8時15分頃到着し近くの港まで行って来た」とのことで、既に二人はコーヒーを飲み終わっていた。
伊豆に比べると三浦半島は圧倒的に小さく、少し走るだけで相模湾側から東京湾側に出ることが出来る。出発前に大まかなコース(主に昼食場所)を確認し、走り始めた。
県207で海岸沿いを南下し、葉山マリーナ・葉山御用邸・長者ヶ崎を通過し、立石の駐車場で休憩。
ここで打ち合わせした結果、T氏と筆者の2台で大楠山へのダートをトライすることになり、R134を「大楠山入口」の交差点まで走ったあと、待機するM氏・K氏と別れ山道に入った。前日の降雨で路面がぬかるんだ上に、大勢のハイカーが歩いていて、更には途中の急な上り坂で軽トラックと出遭わすなど、かなり厳しいコースであったが何とか頂上まで到達することが出来た。
苦労して登ってきた甲斐があって、頂上の展望台からは少しガスっていて富士山までは確認できなかったものの、なかなか素晴らしい眺めであった。

大楠山展望台から見た小田和湾

展望台入口に設置されていた観測範囲を記す地図

下山後、再び4台で列を作り「林ロータリー」を県26に左折し、続いて「一騎塚」交差点を右折して、県214で一気に三浦半島を横断し三浦海岸に出た。
三浦海岸を右に見てR134を少しだけ走った所にある「リストランテ ドン」が本日の昼食場所である。
浦賀水道を見渡せる窓際の席に陣取り、バイク談義に花を咲かせた。
イタリアンの店らしくイタリアの地図を印刷したタペストリーが掛かっていて、一週間後に控えたヨーロッパツーリングも当然話題に上った。

リストランテ ドンの週替わりランチ

壁に貼ったタペストリーにはイタリアの地図が書いてあった

食事後、地元民であるK氏の先導で、県215の剱崎をやり過ごし、三崎からは県26・R134と戻り、「ソレイユの丘入口」の交差点を左折し漆山湾で海岸に出たところで、女子高生が乗るミニバイクの事故に遭遇。フォークが大きく曲がりフロントタイヤがロックして押せない状況で、我々4人で持ち上げて空き地まで運んだ。肝心の女子高生はヘルメットも被っていないのに、少し膝を擦り剥いただけでケロッとしているのには驚いた。
「荒崎入口」から再びR134に戻り、往きに休憩した立石駐車場の先の「湘南国際村秋谷入口」を右折し、一気に三浦半島中央道路で逗葉新道の料金所傍まで北上した後、更に逗葉高校のある丘を越えてK氏のガレージがある池子まで戻った。
K氏のガレージには今までにも装備されていた溶接機・ボール盤・コンプレッサー等に加えて、木工旋盤までもが新たに備え付けられており、いつ来ても本当に羨ましいガレージである。
この日のツーリングはここで解散となり、筆者は大楠山でドロドロになったバイクをケルヒャーの高圧洗浄機を借りて洗車させてもらった。
改めてK氏のガレージの広さと装備の充実が羨ましい。
洗車を終えた後、単独で小坪トンネルを抜け、滑川からR134で海を眺めながら帰宅した。
本日の走行距離は僅かに143㎞で、17時前にバイクをガレージに収めた。

IMG_2086_3_convert_20140429181733.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。