ヨーロッパ ツーリング 報告 №1

長年の夢であったヨーロッパ ツーリングが実現し、5月9日に帰国したのでこの記事を皮切りに順を追って報告いたします。
出発に予定された9月1日の朝、隣の市から参加するF氏が立ててくれた計画通りの電車に乗り、途中でF氏と合流。小田急線・相模鉄道・京浜急行と乗り継いで羽田空港に向かった。
何時もはバスで羽田に出掛けていたが、今回始めて京浜急行を利用したがその便利さには驚いた。電車から国際線出発ロビーまでは、成田空港のようにパスポートのチェック等も無く、ホーム傍のエレベーターに乗ると、モトラッドの会長や社長家族が出迎えてくれた出発カウンターのフロアに着いた。
全員が到着したところで早速ルフトハンザのカウンターで荷物を預けることに。

羽田空港に集合した参加者全員

ここで驚いたのは筆者の荷物の重量が22.7㎏と、無料手荷物許容量の23㎏ギリギリであるのに反し、4年前にもヨーロッパツーリングに出掛けた経験があり、度々山歩きで海外に出掛けると云うF氏のリュックは何と15㎏であった。しかもF氏が機内に持ち込む荷物はウエストポーチ1個という身軽さで、ヘルメットの入ったバッグを手に持ち、更に肩からパスポート等を入れたバッグをぶら下げている筆者とは大きな違いである。
ルフトハンザLH715便は定刻を少し遅れて12時35分に羽田を離陸し、ミュンヘン空港には18時頃到着に到着した。空港からは今回のガイドであるマルセラスさんの出迎えがあり、タクシーで一泊目の宿(Hotel Ibis)には18時40分にチェックインできた。

ミュンヘン空港からホテルに向かう高速道路

一泊目のホテルに到着

初めての夕食時、ガイドのマルセラスさんから『mf-tours GmbH MOTORRADREISEN』とロゴの入ったポロシャツとステッカーをプレゼントされ全員が大喜び。どこかで全員がお揃いのポロシャツで記念写真を撮ろうと約束した。

記念に渡されたポロシャツ

『mf-tours GmbH MOTORRADREISEN』のステッカー

翌朝6時、同室のM氏とホテル周辺を徘徊。すぐ近くを走る路面電車の写真等を撮るなどしてツーリング第一日目の朝がスタートした。

皆に早起は三文の得と云われた「路面電車の写真」

朝食を済ませ全員がライディングウエアーに着替え、いざツーリングに出発である。

全員がバイクウエアーに着替えて「はいポーズ」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる