ヨーロッパツーリング 報告 №5

この日はとんだキッカケから「早起きは三文の得」ならぬ、「超早起きは百文の得」をした。
M氏と共に6時に設定した目覚まし時計で目を覚ましたが外は真っ暗で、眼の良くない筆者にも満天の星が見えた。「一昨日の宿で6時から散歩した時は既に明るかったのに?」などと話しながら、地図を確認したり荷物を整理したりしている内に7時を過ぎ「あと15分で食事」と呑気に話している時間にもまだ外は薄暗い。
朝食に予定された7時30分になって漸く、目覚まし時計が2時間遅れていることに気付き大笑いをした。気を取り直して二人で散歩に出掛けることにした。

ホテルの玄関を出ると目の前が教会の尖塔

ホテルの玄関を出るとそこは町の中心にある教会前広場で、教会の尖塔やお墓などを見学したあと、山頂が雪で白くなっている山(シュラーン山:2563m)の方向に見える草原の丘を目指して歩き始めた。

シュラーン山:2563mの遠景

遠くに見えるシュラーン山に向かって緑の草原が小高い丘を形成し、何処までも続いている。町並みを抜けだしたところで広い牧草の真ん中に人影が見え、良く見るとSF氏がカメラを持って写真を撮っていた。そこから先は3人で1㎞ほど歩いた。

本日の散歩の終点

帰り道、近所の犬が駆け寄って来て我々にじゃれ付き、思いがけず可愛い写真も撮れた。

カステルロットの犬も我々を大歓迎

朝食時、昨夜のダブルベッドの顚末やら「早起きは百文の得」をした目覚ましと散歩の話で大いに盛り上がった。
いよいよ出発であるが、本日からこのツーリングも後半に入ることになる。
ホテルのあるカステルロットからR SS242に出て、その後は一気に高度を上げてセラ峠で休憩。ここの売店で記念に「Passo Sella」のロゴの入ったマグネットを購入。

セラ峠でS氏ご夫妻と

セラ峠で見かけたいかにもイタリアっぽい建物

セラ峠を下ったあとR SR48に道を移し幾つかの峠を通過しながら東に移動し、コルティナ タンペツォと言う町でR SS51を横切り、R SS48bisに入って向きを北に変えたところでミズリーナ湖に出た。湖畔で凍結した湖の先に見えるホテル(旅行パンフレットなどに良く登場する)をバックに記念撮影をして一休み。

ミズリーナ湖定番の景色

凍結した湖をバックに

そのあと北上を続け、先ほど横切って来たR SS51に移り更に北上。R 49に突き当たって右折し4㎞ほど走った所で昼食となった。ホテルと併設されたピザレストラン(Pizzeia Helmhotel Restaurant)で何種類かのパスタを皆で分け合って食べたが、腹下しの筆者はスープを頂いたあとは少しだけパスタをお腹に収めた。

朝飯を抜いた日の昼食場所で

再スタートしたR 49はその先の国境(イタリア⇒オーストリア)でR 100と呼び名が変わり、リエンツの街を通過した先でR 107に入ると川に沿ってどんどんと北上を始め、燃料を補給したあとウンタータウエルン(今回初めての有料道路)に入って急激に高度を上げた。
途中からグローズクロックナー・ホッハルベン通りに左折して行き止まりまで走ると、FJヘーエという絶景の展望台に出た。
グローズクロックナーのFJヘーエ 標高は2368m
4年前にも来たことがあり山が趣味のTF氏が「前回はガスが掛っていて何も見えなかったのでまた来て良かった」と感動していたのが印象的であった。

山小屋に向かって点々と続く登山者の足跡

元の道に戻り更に北上し、この道で一番高度が高いと思われる峠で休憩。360度見渡す限り雪山という絶景を楽しんだ。

本日の最高高度と思われる峠道

この時点で既に時計は17時を少し回っており、ホテルに向けてこの峠から北に下り、R 311に出たあとR L215という田舎道を、今下って来た山の谷戸に入りHotel STEINERに投宿出来た。
本日の移動距離は山道ばかりを285㎞走り、スタートからの累計は1105㎞となった。

IMG_2488_convert_20140518163654.jpg



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる