ヨーロッパツーリング 報告 №7

本日は朝から小雨模様の天気である。
朝食を終えたあと荷物を倉庫に預け、8時前にチェックアウトを済ませて市内観光に出掛けた。

ザルツブルグの町を散策するメンバー

本日の予定は午前中ザルツブルグの市内観光と、午後からはバイクでミュンヘンに戻ることになっている。
ガイドさんを含めて11人がゾロゾロと歩いてシュターツ橋を渡り、先ず向かったのはモーツァルトの生家である。9時前の観光地は人出も少なく歩き易かったが、残念ながらまだ開館前であった。

モーツアルトの生家前での記念撮影

早朝で観光客が少なかったモーツァルトの生家前で記念写真を撮ったあと、まだ多くの店がシャッターを降ろし、巨大なごみ収集車が路上駐車の車を縫うように這いまわる商店街をブラブラと歩いた。

広場の一角では何軒もの花屋さんがテントを連ねていた

ザルツブルグ大聖堂博物館を少しだけ見学し、ケーブルカーに乗ってホーエン ザルツブルグ城に登った。市内を一望できるは高所からの眺めは素晴らしく、洋の東西を問わず時の権力者は難攻不落を求めて高い所に居城を構えるものらしい。

ザルツブルグ大聖堂博物館の巨大な建物

ホーエン ザルツブルグ城から見下ろす市街をバックに

ホーエン ザルツブルグ城の中庭にて

市街に下りたあとモーツアルトの生家を訪れ館内を見学した。筆者はモーツアルトとベートーベンの区別も付かない程の音楽音痴で早々に見学を終え、一階にあるSPARにて土産用に安物のチョコレートを購入した。
手っ取り早く昨夜夕食を食べたレストランで昼食を済ませたが、店を出てみると観光を終えた頃から降り始めた小雨が本格的な雨となっていた。
全員が荷物を預けてある部屋でバイクウエアに着替え、更にその上に合羽を着て出発の準備が完了。
当初の予定では、下道(恐らくR 304・R St2095でキーム湖の北岸を走り、R St2092でヴァッサーブルグまで北上し、R 304でミュンヘンに入る)を走ってミュンヘンに戻ることになっていたが、悪天候でルートを変更。アウトバーンで一気にミュンヘンに向かう事になった。
出発後すぐにアウトバーン(E60)に入り、一路ミュンヘンを目指して走り始めたが、強い雨と強風で思うように進まない。キーム湖の南岸を走ったことは確認出来たが、カメラをパニアケースに入れっ放しであったためこの日の写真が一枚もなく、途中で温かいコーヒーを飲んだ休憩地点すら不明である。

19時頃にホテル(Suite Novotel Parkstadt Schwabing)に到着。このホテルは初日に泊まったホテルの隣で、ラウンジ前の中庭を共有している。
先ずHotel Ibisに預けてあったスーツケースを引き取り、各自の部屋に荷物を運び込んだあとすぐにウエアーのままロビーに集合。再びバイクに跨ってレンタルバイクの返却に出掛けた。
6日前に出発した場所に予定より遅めの20時に到着。最後の記念撮影と走行距離の記録をカメラに収めた。

スタート地点と同じ車庫にて撮影

本日の走行距離は172㎞。また今回のツーリングの総走行距離は1570㎞であった。

トリップ1は本日の走行距離

トリップ2はヨーロッパツーリング全行程の走行距離

ホテルに戻り全員で乾杯して今回のヨーロッパツーリングを締めくくった。

今回の旅では最後となる夕食

明日は帰国である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる