トウモロコシが全滅!!

家庭菜園におけるエース級の作物にトウモロコシがある。
3年目を迎えた今年は、少し長い期間楽しもうと、2回に分けて畑に定植した。
苗作りは2月23日に大量のポットに種を蒔き、最初の定植は4月8日に行った。過去2年トウモロコシはカラスの被害に遭っており、スイカとマクワウリなどを作付けする予定の畑に植え、スイカの実が大きくなったタイミングで獣よけネットで周囲を囲った。
更に念を入れ、畑全体に1メートル間隔でミヤラインという鳥よけの糸を張り巡らし、これで万全と安心していた。
ようやく実が入り始めた頃、一番端にあるトウモロコシに異変が発生。あきらかにカラスによるものと思われる食害の後を発見した。
トウモロコシの上空に2~3本ミヤラインを追加して簡単な対策をしたが、同じ畑にあるスイカが気にかかり、マクワウリと共に鳥よけネットですっぽり覆った。
同じ苗を10日ほど遅らせ、1回目とは異なる畑に植えたトウモロコシは、ネットで囲むことはせずミヤラインに追加して鳥よけテープをたくさん取り付けて収穫を待った。
一回目に定植したトウモロコシは最初の鳥害以降に被害は発生せずに収穫が出来、毎日美味しく頂くことが出来た。
問題は二回目に植えたトウモロコシで、そろそろ収穫期も近いと期待していたところで、カラスと思われる鳥害に襲われた。その時点で何とか食べられそうに実の入った5~6本を収穫し、残りのトウモロコシには袋状のネットを掛ける対策を施した。
ところが翌日畑に出かけてみると、そのトウモロコシが全滅である。
今回の被害の相手はカラスではなく、あきらかに何らかの獣によるものと思われ、前日掛けておいた袋状のネットが全て地べたに落とされたうえに、ズタズタに噛み砕かれたトウモロコシは、皮だけが残ってしかも土まみれである。
畑にも何かが踏み荒らしたような跡があり、カラスだけに対策を講じてきたことの裏をかかれたようで、なんとも後味の悪い終わり方をしたトウモロコシ栽培であった。
驚きと悔しさのあまりその場で片づけたので被災状況の写真を撮るのを忘れた。大切な証拠写真を忘れるとはブロガーとして失格である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる