谷川岳天神平へのツーリング

ヨーロッパツーリングの反省会の席で話題には上がっていたが、そのままとなっていた谷川岳方面へのツーリングが実現した。
この方面へ出掛けるのは筆者にとって初めてで、企画も先導も発案者であるT氏にお任せし、筆者はもっぱら後ろに付いて走った。
集合場所に指定された圏央道厚木PAに20分前に到着してみると既に全員が集まっていた。
今回の参加メンバーは全員がヨーロッパツーリングの経験者で、T氏(F600GS)、F氏(R1200GS)、M氏(F700GS)に筆者(R1200GS)を加えた4人である。
簡単に打ち合わせを済ませ、最初の休憩場所に決めた高坂SAに向けて出発。高坂SAまでは筆者が先頭になって走り始めた。
高坂SAではトイレ休憩だけで先頭をT氏と入れ替わり、再び関越道を北に向かい月夜野ICで一般道に下りた。
R17で月夜野大橋を渡ったあとR291に乗り換え、道の駅月夜野矢瀬親水公園で休憩。
ここでT氏の勧めで全員が納豆を頂いた。T氏によると地元の懐かしい味がするという納豆は、大粒の大豆で出来ていたが、四国出身の筆者には子供の頃に納豆を食べた経験が無く、懐かしいという感覚は味わうことは出来なかった。

道の駅月夜野矢瀬親水公園で休憩

大粒大豆の納豆

休憩後は県61とR291 を辿って利根川を遡ったが、谷川岳ロープウェイ駅から先は車輌通行止め
となっていた。駅の駐車場にバイクを預け、谷川岳天神平までロープウェイで登り、更に峠観光リフトに乗って標高1500メートルにある天神峠まで登った。

ゴンドラから見たロープウェイの駅

天神峠から見た谷川岳

ニッコウキスゲが咲いていた

再びリフトとロープウェイに乗りバイクまで戻り、行きから気になっていた「生どら焼き」を求めに、月夜野まで戻り「小荒井製菓」で全員がお土産を購入した。
R291を数百メートル戻り、県270で赤谷湖まで移動。更に県53に入り「道の駅たくみの里」で少し遅めとなった昼食を取った。

昼食の天ざるは美味しかった

食事中にT氏から「この近くにお婆さんの実家があり今は重要文化財になって保存されている」との話を聞き、訪れることにした。
「旧富沢家住宅」とマップルにも書かれている場所に到着すると、茅葺屋根の巨大な建物が出現。「子供の頃いつも泊まりに来ていた」というT氏から説明を聞き、全員が屋内に馬屋まである建物の大きさとT氏の由緒正しき家系に驚いたり感心したりした。

T氏に所縁のある旧冨澤家住居

県53で中之条まで下って給油。ここで打ち合わせし、榛名湖を経由して高崎ICまで走ることが決定。
R145を草津方面に走り、途中から県28で榛名湖まで一気に登り、更に榛名湖を時計回りに走り榛名富士の北側を迂回し、少しだけ県33を走ったあと再び県28で高崎市内まで下った。高崎市内では急激に高くなった気温と渋滞に悩まされ汗だくとなった。
関越道に入ってすぐ上里SAで水分補給の休憩を取り、最終休憩場所を圏央道の狭山PAに決めて再出発。

上里SAでは建物の中に入って涼むほど暑かった

狭山PAで最後の休憩を取った4人はその後も列を作って走り、相川相模原ICでT氏と、海老名ICでM氏と、東名厚木ICでF氏と、ハザードとホーンで挨拶して別れた。
筆者が自宅に到着したのは19時40分で、走行距離は465㎞の年寄りにしては少し強行軍の日帰りツーリングを終了した。

IMG_3040・・セ假セ撰セ晢スク・枩convert_20140804144406

コメントの投稿

非公開コメント

格好いい!

メンバーの写真二枚拡大して見見ました、皆さんいい顔してますね。
Mさん、分かります貴兄と同じく良い歳の取り方をしている様子,これからもtouringのブログ楽しみ。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる