今年も秋の種まきを始めた

昨年の今頃は夫婦二人で車に乗って北海道旅行に出かけていた。
2週間の放浪を終えて自宅に戻り、真っ先に出かけたのは種苗店で、その目的は秋の種まき用の種の購入であった。
その種苗店で「白菜の種まきはもう遅い。絶対に結球しないから止めたほうが良い」と言われ、やむなく苗を買って植えた記憶がある。
その反省から今年は早めに種まきを行うことにし、8月13日に種苗店に出かけ、14種類、金額にして6,800円ほどの種を購入した。
8月25日に中生、8月29日に晩生の白菜の種を蒔いたのを皮切りに、9月8日にはニンジン・カブ・小松菜・ホウレンソウ・リーフレタス・ミズナ・シュンギクと一気に7種類の種まきを行った。

手前から中生の白菜、晩生の白菜、ブロッコリー、キャベツの苗

この不織布の下にニンジン、コカブ、ホウレンソウ、小松菜が蒔いてある

ここにはリーフレタスとミズナを蒔いた

更に9月13日に大根3種(たくあん大根・青首大根・聖護院大根)とまさに秋の種まき週間ともいえる程の忙しさである。
しかし、最初に蒔いた中生白菜はせっかく出始めた本葉に虫食いの跡が目立つようになり、朝に夕に家内と二人で観察してはいるものの、原因となるような虫を確認することが出来ないでいた。
この記事を書いているのは9月16日の午後11時過ぎであるが、夜に害虫が来るのかもしれないと考え苗の確認に出ていた家内が「ナメクジがいっぱいいる・・・」と云って騒いでいる。
記事の作成を中断して外に出てみると、なるほどナメクジが白菜の苗の葉に数匹乗っているではないか。懐中電灯でよく確認してみると土の部分にもたくさんいて、二人で10数匹のナメクジを捕獲した。

同じ時期に蒔いて発芽した白菜、左がナメクジの食害にあった苗

ナメクジの食害にあった白菜の苗はこんな様子

翌朝(いま現在)この記事を仕上げてアップしようとパソコンの前に座っているが、ナメクジが原因と判明した事で、本日予定していた寒冷紗による被いづくりの作業から解放されてほっとしている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる