馬に乗って散歩する人

昨今は若い女性を中心に乗馬がブームとなっているそうである。
畑に出かける途中にも乗馬クラブがあり、お天気の良い日には必ずと言っていいほど2~3人のお客様が乗馬を楽しんでいる。
筆者の世代の馬に関する記憶は、荷馬車をひく姿(昭和20年代後半の高知市内での記憶)しか見た事がなく、他にはテレビや映画でガンマンや鞍馬天狗が颯爽と乗って表れる姿しか記憶がない。
また「道に落ちている馬糞を踏むと足が速くなる」という意味不明の迷信があり、運動会の日には馬糞(もちろん乾燥したもの)を踏みながら小学校に登校した記憶もある。
定かに記憶してはいないが、1年ほど前に県道708の峠トンネル近くで、馬に乗った男性とすれ違い驚いた記憶がある。
つい先日、その同じ方と思われる人馬を目撃出来たのでご紹介したい。
10月18日(土曜日)の昼前、畑に向けて県道77から県道708に右折する交差点の手前で、右側の歩道を進めている人馬を家内が見つけた。
写真を撮らせてもらおうと右折した先で車を止めて待っていると、その人馬も右折し我々を追い越して行った。

悠然と歩道を歩いていく姿

お話を聞きたいと思い、その場所からすこし先にある我が家の畑の駐車場まで先行して待ったが中々現れない。
我が家の畑は県道に面しているが、その県道は新道として整備された部分で、すぐ裏に旧道があることを思い出し、木立の隙間から覗いてみると旧道を登ってくる姿が見えた。

鬱蒼とした旧道をゆっくりと登ってくる姿

その姿が近くなると「パカン・パカン・・・」と乾いた蹄の音を響かせ、それに合わせて上体を揺する人の姿が実に気持ちよさそうである。まるでその人馬の周辺だけが、俗世間と完全に隔離された空間に見えるほど不思議なオーラに包まれていた。

気持ちよさそうに遠ざかっていく姿

今回で2度目の遭遇であり、県道77と県道708で見かけたことから、この近所に住む方ではないかと想像したが、この時代に馬を飼育し週末に乗馬で散歩とは、実に優雅な趣味を持った人がいるものだと感心した。
家内は幼いころ自宅で牛を飼っていた経験からか「馬がウンチをしたらどうするのだろう?」と、余計な心配をしていた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる