スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのお使い 老人編

嫁いだ娘が出産で里帰りしている。
その里帰りに先立って、家内が娘から依頼を受けた買い物に付き合い、ドラッグストアに出かけた。
なかなか商品が見つからず苦労したが、ようやくの事で紙おむつ、哺乳瓶の消毒容器、ミルク2種類と(固形と粉)を購入してきた。
3人も子供を育てた経験者である家内も、おむつは晒木綿、哺乳瓶は煮沸消毒、ミルクは粉の一種類であったため、なかなか要領を得なかったが、何とか買い物を済ませて帰ってきた。
ところが娘が孫と共に我が家に帰ってきて確認したところ、数々の問題が発覚した。
まず紙おむつは本来新生児用が必要であったものを、Sサイズを購入してきたため、孫に装着してみるとかなり大きめであった。
次に気付いた問題点はミルクにあり、購入してきた商品の包装に「1歳頃から3歳頃まで」と表示してあったが、ほんとうに欲しかったのは「0ヵ月から1歳の誕生日頃まで」であり、飲ませることが出来ない。
最後に発生した問題点は、哺乳瓶の消毒容器には専用の除菌剤が必要で、買ってきた容器だけでは消毒できない。家内はそういえば娘から「液体ではなくて錠剤をお願い」と云われていたと、反省しきりである。
慌てて家内と二人でドラッグストアに出掛け、ミルク売り場で確認したところなるほど2種類ある。しかしながら、老眼の夫婦には「0ヵ月から1歳の誕生日頃まで」と「1歳頃から3歳頃まで」と云う表示の文字が余にも小さく、乱視用のメガネを外して見たが良く読めない。

買い直したミルクの外観 字が小さくて老人には読めない

店員に確認して何とか「0ヵ月から1歳の誕生日頃まで」用のミルクと、除菌剤を手にして帰ってくることが出来た。

拡大するとこのように書いてある

帰り道の車中で、家内と二人でテレビの「初めてのお使い」という番組を思い出し、「本当に年寄りは役に立たないね」と、全く反省することもなく、自己嘲笑で笑い飛ばしながら帰ってきた。
紙おむつのサイズの間違いに至っては、娘が数日使ってみてはじめて気付き、改めて新生児用を入手したところ、なるほど小さな孫の体にピッタリであった。
これで「初めてのお使い 老人編」の報告を終わります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。